東日本の前方後方墳と古墳文化 もう一つの古墳時代を造り上げてきた社会| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】東日本の前方後方墳と古墳文化 もう一つの古墳時代を造り上げてきた社会 邪馬台国時代から倭王権誕生

講師名 NPO法人古代邇波の里・文化遺産ネットワーク理事長 赤塚 次郎
講座内容
何故,東日本にはいち早く「前方後方墳」がこれほど多く造られていくのか。その謎を紐解くには日本列島全域の地域社会の状況を概観するところから始める必要がある。そしてそこには各地域社会がいかなる原理原則で邪馬台国時代を乗り切り,新しい古墳時代を築き上げて行ったのか,その来歴が残る。広大な日本列島領域,邪馬台国時代から初期倭王権誕生の時代を,一気に鳥瞰する。(講師記)

※図は:前方後方墳と前方後円墳
■第1話「列島西日本の3・4世紀」10:30~12:00 (12:00~12:45は昼食休憩)
〜地域型墳丘墓と前方後円墳 九州島・山陽・山陰・近畿地域の地域社会〜
 
■第2話「前方後方墳から前方後円墳へ」12:45~14:15
〜中部・関東・東北南部の3・4世紀 東日本ほぼ全域の地域社会を俯瞰〜
日時・期間 土曜 10:30-14:15 02/17~02/17 1回
日程 2018年 2/17
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 5,832円
一般 7,128円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 赤塚 次郎 (アカツカ ジロウ)
1954年、愛知県犬山市生まれ。1979年、奈良教育大学教育学部卒。狗奴国論をはじめとした弥生・古墳文化を研究。元愛知県埋蔵文化財センター副センター長。現在はNPO法人古代邇波(ニワ)の里・文化遺産ネットワーク理事長。

履歴