京都・杉本家 夏のしつらいと祇園祭| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

京都・杉本家 夏のしつらいと祇園祭

講師名 公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会事務局長・料理研究家 杉本 節子
講座内容
京商家・杉本家に受け継がれるのは、「こうと(質素のなかにある品格)」とよばれる思いを大切にした、質素倹約を身上とする日々の暮らしです。そのつつましやかな暮らしを華やかにするのが、ハレの特別な行事や場面。とくに祇園祭は一年の中で最もたのしみな祭礼の一つとして、京都は町衆たちの美意識に彩られます。
 今年もそろそろ祇園祭の季節が近づいてきました。今回は、先人の知恵がつまった季節のしつらいやおばんざいのこと、また祇園祭について、町家に伝わる夏の京都の暮らしについてたっぷりとお話しします。
日時・期間 土曜 15:30-17:00 07/01~07/01 1回
日程 2017年 7/1
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 杉本 節子 (スギモト セツコ)
京都市生まれ。公益財団法人・奈良屋記念杉本家保存会常務理事兼事務局長、料理研究家、エッセイスト。杉本家は1743年創業の呉服店であり、現在、京都最大級の町家として重要文化財に指定されている。その保存に尽力する一方で、京都の年中行事や食文化、伝統食を研究・継承する活動をすすめる。著書に、「NHKきょうの料理 京町家・杉本家の味 京のおばんざいレシピ」(NHKきょうの料理シリーズ)、「感謝の精進料理」(本願寺出版社)、「京町家の四季」(展望社)、「京町家・杉本家の 京の普段づかい」(PHP研究所)など多数。
杉本節子のだいどこ日記(ブログ) http://www.kyoto-obanzai.jp/blog/
公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会 http://www.sugimotoke.or.jp/

履歴