実践マスキング風景画| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

実践マスキング風景画

講師名 水彩画家 あべ としゆき
講座内容
講師作品1 / 講師作品2 / あべ講師
広大な空、重なりあう木の葉、せせらぐ水の流れなど、自然豊かな風景を生き生きと描く講師作品は、水彩画技法のマスキングとグリザイユが多く用いられています。
水彩画は、本来淡い色から濃い色へと着色しますが、紙と絵の具の特性を理解していれば濃い色から先に描く、グリザイユ技法で描くことも可能です。グリザイユ技法はマスキングの利用と合わせるとその可能性を大きく広げ、新しい表現ができます。
講師がデモンストレーションをしながら、各技法の注意点を解説した後、各自で描く時間もとり、巡回指導をします。


日時・期間 木曜 17:30-20:30 03/15~03/15 1回
日程 2018年 3/15
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,996円
一般 4,644円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 <各自準備>透明水彩絵の具、筆(小筆、丸筆、刷毛)、パレット、タオル、ティッシュ、 鉛筆、消しゴム、マスキング用の小筆または、ぺんてる水筆、マスキングインク(推奨:シュミンケ)、 水彩紙(F4~F6 程度)⇒アルシュかウォーターフォード推奨
講師紹介 あべ としゆき (アベ トシユキ)
1959年山形県生まれ。新聞社デザイナー、美術教師を経て08年より水彩画家として活動。10年内藤秀因記念水彩画展大賞、11年日本水彩展上野の森美術館賞受賞、12年からスペインの国際水彩画展にも出品。12年フランスの美術季刊誌「The Art of Watercolour」に作品数点とインタビューが掲載される。13年には同じくフランスの美術月刊誌「pratique des arts」で表紙と巻頭特集として掲載。主な著書「水彩画 静かな光を求めて」、「水彩画 小さな光の音楽」、「水彩画光を奏でるために」(日貿出版社)。日本透明水彩会会員(JWS) アベティ水彩画教室主宰。HP:http://www.abety-art.com/

履歴