日本の自然| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】日本の自然 地形を知る

講師名 国立極地研究所准教授 三浦 英樹
日本ジオサービス株式会社 代表取締役 目代 邦康
専修大学教授 苅谷 愛彦
明星大学准教授 長谷川 裕彦
講座内容
自然は知れば知るほど複雑なものであると実感しますが、自然を個々の要素に分解して詳しく調べれば自然が理解できるようになるとは限りません。複雑なまま全体を観察するような見方もまた必要です。この講座では動物、植物、岩石、鉱物といった自然構成要素を個々に取り上げて詳説するのではなく、自然の全体像を俯瞰する、自然地理学による見方に触れる機会を持つことを意図しています。そのような見方を身に着けることは簡単なことではないかもしれませんが、身近な風景の中にみる自然や生活の中で感じる自然の成り立ちと仕組みを考えることを通じて、その入り口に立とうとするものです。
今期は「地形」について。来期以降は、「気候」、「植生」などについて取り上げる予定です。

<各回のテーマ>
①沖積平野:川と海がつくる私たちの暮らす場所=日本ジオサービス株式会社代表取締役・目代邦康
②台地と丘陵地:身近な「低い山」の成り立ち=専修大学教授・苅谷愛彦
③山地:山はなぜ高く険しいのか=明星大学准教授・長谷川裕彦
④土壌:土はどのようにしてできるのか=国立極地研究所准教授・三浦英樹

今後は、「気候」や「植生」について取り上げる予定です。


日時・期間 火曜 15:30-17:00 07/04~09/26 4回
日程 2017年 7/4
受講料(税込み)
7月~9月(4回)
会員 11,664円
一般 14,256円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に ※日程が変則的です。
ご案内 日程が変則的で、7/28のみ金曜日です。お間違いのないようご参加ください。
講師紹介 三浦 英樹 (ミウラ ヒデキ)
1965年北海道生まれ。国立極地研究所・総合研究大学院大学准教授。博士(理学)。専攻は、自然地理学、地形地質学、第四紀学。北海道、南極、グリーンランド、ヒマラヤなどで調査研究を行ってきた。著書(分担執筆)に『日本の地形 北海道』(東京大学出版会)、『自然地理学』(ミネルヴァ書房)、『自然地理学事典』・『地形の辞典』(朝倉書店)、『北極読本』(成山堂書店)他。
目代 邦康 (モクダイ クニヤス)
1971年神奈川県生まれ。日本ジオサービス株式会社代表取締役、日本ジオパークネットワーク主任研究員。博士(理学)。専攻は地形学、地域資源論。著書に『地層ってなんだろう』(汐文社)、『地形観察ウォーキングガイド』(誠文堂新光社)、『地形探検図鑑』(誠文堂新光社)。編著に『シリーズ大地の公園』(古今書院)などがある。
苅谷 愛彦 (カリヤ ヨシヒコ)
1966年生まれ。専修大学文学部教授。博士(理学)。専攻は地形学、自然地理学。日本アルプスのほか、アンデスやヒマラヤ、サハリンで調査研究を行ってきた。著書(分担執筆)に『日本の地形 中部』(東京大学出版会)、『アンデス高地』(京都大学学術出版会)、『図説 日本の山』・『地形の辞典』(朝倉書店)、『百名山の自然学』(古今書院)他。
長谷川 裕彦 (ハセガワ ヒロヒコ)
1961年生まれ。千葉県成田市出身。明治大学文学部史学地理学科地理学専攻卒業。明治大学大学院文学研究科地理学専攻博士前期課程・後期課程修了。現在、明星大学教育学部社会コース准教授。博士(地理学)。専門は自然地理学・地生態学,極地と高山の自然史研究。最近の主なフィールドは,上信会越多雪中級山岳・日本アルプス・大雪山・北極圏カナダ・ボリビアアンデス。分担執筆に『アンデス自然学』(古今書院2016年),『高山植物学』(共立出版2009年),『小国マタギ共生の民族知』(農文協2004年)などがある。

履歴