衆院選と日本政治 2017| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

緊急講座 衆院選と日本政治 2017

講師名 朝日新聞東京本社報道局 世論調査部長 前田 直人
政治学者 木下 ちがや
講座内容
前田講師 / 木下講師
10月22日の衆議院選挙は最終的に何が争点となり、世論はどのような判断をくだすでしょうか。本講座では、安倍首相や民主党(現・民進党)などの現場取材を経験し、現在は世論調査部長をつとめる前田氏と、2000年代からさまざまな社会運動に参加し、デモのリーガル(法務)等も務める木下氏、両講師の講義と対談から考えます。
 講座の前半では、講師それぞれが独自の視点から選挙を分析します。それを受けて、後半は対談形式で議論を深めます。一定の支持を集める安倍・自民党に対抗軸は生まれるか。日本の政治はどこへ向かうのか。選挙の結果をとおして深層に迫ります。
 質疑応答の時間も十分にとる予定です。
日時・期間 土曜 18:00-20:00 11/04~11/04 1回
日程 2017年 11/4
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 ※必要な資料は当日教室にて配布します。
※多少延長の可能性があります。
講師紹介 前田 直人 (マエダ ナオヒト)
1968年生。武蔵野美術大視覚伝達デザイン学科卒。1992年に朝日新聞社に入社。山口支局、西部本社社会部(福岡)をへて、2000年から政治部。政治部デスクや編集委員(政治担当)をへて、2016年から世論調査部長。朝日新聞本紙でコラム「政治断簡」を執筆中。
木下 ちがや (キノシタ チガヤ)
1971年生まれ。政治学者。一橋大学社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。現在、工学院大学非常勤講師、明治学院大学国際平和研究所研究員。著書に『国家と治安―アメリカ治安法制と自由の歴史』(青土社)、『原発を止める人々』(小熊英二氏との共編著・文藝春秋)、『ポピュリズムと「民意」の政治学 : 3・11以後の民主主義』(大月書店)、共訳にデヴィッド・グレーバー『デモクラシー・プロジェクト』(航思社)、デヴィッド・ハーヴェイ『新自由主義』(作品社)など。『現代思想』ほか各誌にも寄稿多数。

履歴