プルースト「失われた時を求めて」の読み解き方| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】プルースト「失われた時を求めて」の読み解き方

講師名 慶応義塾大学講師 菅沼 潤
講座内容
プルーストの大作「失われた時を求めて」は無意志的記憶による文学創造の試みです。彼の時間と記 憶をめぐる思想を、有名なマドレーヌの挿話から読み解きます。また、コンブレーの散歩の場面もあわせて読みながら、作家の人生・作品の成り立ち・時代背景についても解説します。
 フランス語のわからない方でも参加できますが、一部原文との比較解説も行う予定です(講師記)

※菅沼講師の原文講読と文学理論の講座もあります。
「プルースト原典講読Ⅰ―ソドムとゴモラ」
「プルースト原典講読Ⅱ ―囚われの女」
「時間と記憶―プルーストの文学理論」

お気軽にお問い合わせ、お申し込みください。お待ちしております。
TEL:045-453-1122 語学科まで
日時・期間 水曜 13:30-15:00 08/30~09/20 3回
日程 2017年 8/30
受講料(税込み)
8月~9月(3回)
会員 9,072円
教材費
設備維持費
注意事項 <休業日のお知らせ>
★8月11日~8月17日及び9月18日は休業となります。
ご案内 <テキスト>
プリント資料を配布します。
講師紹介 菅沼 潤 (スガヌマ ジュン)
京都大学文学部卒。慶應義塾大学文学部修士課程修了。パリ第四大学に留学。翻訳書に、ル=ゴフ『中世とは何か』『中世の身体』(いずれも共著・藤原書店)、『ヨーロッパは中世に誕生したのか?』(藤原書店)がある。

履歴