対談 古代ローマのリアルを語りつくす| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

マンガ家vs歴史家 対談 古代ローマのリアルを語りつくす

講師名 マンガ家 ヤマザキ マリ
東京大学名誉教授 本村 凌二
講座内容
ヤマザキマリさん / 本村凌二さん
「テルマエ・ロマエ」や「プリニウス」などの歴史巨編マンガで、古代ローマ社会を人間のリアルとして描くヤマザキマリさん。ローマ史の第一人者で東大名誉 教授の本村凌二さん。
 マンガ家と歴史家が、古代ローマの世界観や人が生きることの普遍についてなど、時空を飛び越え縦横無尽に語り合います。驚きと知的興奮の痛快対談が、歴史の迷宮に誘うことでしょう。
日時・期間 土曜 15:30-17:00 04/28~04/28 1回
日程 2018年 4/28
受講料(税込み)
4月~4月(1回)
会員 3,672円
一般 4,320円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 ヤマザキ マリ (ヤマザキ マリ)
1967年東京都出身。17歳で絵画の勉強のためイタリアに渡り、国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で、油絵と美術史を専攻。‘97年漫画家デビュー。『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。著書に『国境のない生き方』(小学館)、『男性論』(文春新書)『スティーブ・ジョブズ』(講談社)『プリニウス』(とり・みきと共作 新潮社)など多数。エジプト、シリア、ポルトガル、米国を経て現在はイタリア在住。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成29年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章。


本村 凌二 (モトムラ リョウジ)
1947年、熊本県生まれ。東大大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。文学博士。専門は古代ローマ史。2012年3月東京大学総合文化研究科・教養 学部教授を退官。東京大学名誉教授。2014年4月早稲田大学国際教養学部特任教授。著書に『薄闇のローマ世界:嬰児遺棄と奴隷制』(東京大学出版会、サントリー学芸賞受賞)、『愛欲のローマ史』(講談社学術文庫)、『馬の世界史』(中公文庫、JRA賞馬事文化賞受賞)、『多神教と一神教』(岩波新書)、『古代ポンペイの日常生活』(講談社学術文庫)、『帝国を魅せる剣闘士』(山川出版社)、『ローマ人に学ぶ』(集英社新書)、『古代ローマとの対話』(岩波現代文庫)、『はじめて読む人のローマ史』(祥伝社)、『世界史の叡智』(中公新書)『教養としての世界史の読み方』(PHP エディターズグループ)『裕次郎』(講談社)、『国家の盛衰』(共著・祥伝社新書)など多数。

履歴