運慶と快慶| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】運慶と快慶 2回セット

講師名 駒澤大学教授 村松 哲文
講座内容
国宝無著菩薩立像  鎌倉時代:建暦2年(1212)頃  奈良・興福寺蔵 写真:飛鳥園
鎌倉時代を代表する仏師・運慶と快慶、この二人ほど仏教美術の歴史の中で誰にでも知られている人物はいないでしょう。とりわけ同じ慶派仏師であるのに、それぞれに作風の違いがあるのは興味深いものです。また鎌倉時代の仏像はデフォルメであるともいわれます。本講座では、その制作背景に着目し、何が影響して慶派様式を完成させたのかを考えます。
 運慶と快慶の作品をスライドで詳細に鑑賞し、かたちを見比べながら各々の特徴をとらえて、私たちを魅了するものは何か、受講生の皆さんと一緒に考え、運慶と快慶の魅力に迫りたいと思います!(講師・記)

<各回のテーマ>
9/12(火) 運慶
9/14(木) 快慶

☆展覧会情報☆
特別展「運慶」
上野・東京国立博物館  2017年9/26-11/26
http://unkei2017.jp/


日時・期間 火曜 15:00-16:30 09/12~09/14 2回
日程 2017年 9/12
受講料(税込み)
9月~9月(2回)
会員 5,832円
一般 7,128円
教材費
設備維持費
注意事項 ☆各回の曜日が異なります、ご注意ください。
☆各1回ごとの受講も可能です。講座案内は一つ前のご案内ページからお入りくださいますようお願いいたします。

ご案内 ※必要な資料は当日教室にて配布します。
講師紹介 村松 哲文 (ムラマツ テツフミ)
1967年東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。早稲田大学会津八一記念博物館助手、駒澤大学仏教学部准教授を経て、現在駒澤大学仏教学部教授。早稲田大学プロジェクト研究所(奈良美術研究所) 招聘研究員 。その他、日経カルチャー、東急セミナーBE、早稲田大学エクステンションセンター講師などを務める。専攻は仏教美術史。著書に「東大寺ー美術史研究のあゆみー」「興福寺ー美術史研究のあゆみー」(ともに共著・里文出版)「かわいい、キレイ、かっこいい たのしい仏像のみかた」(監修・日本文芸社)などがある。

履歴