古代エジプトの秘宝| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

古代エジプトの秘宝

講師名 古代エジプト壁画研究家 村治 笙子
講座内容
本講座は、現地エジプトに残された古代エジプトの遺跡の現在の様子や、世界中に散らばった古代エジプトの出土品を収めた博物館・美術館を紹介、解説する講座です。
現在の北スーダンの首都にある「ハルツーム博物館」には古代エジプト関連の出土品がたくさん展示されています。アスワンハイダムにより沈んだヌビアの遺跡は有名ですが、古代王朝時代にはヌビアからやってきて、アメン神に帰依して王権を手にした王たちもいました。世界遺産にも登録されている「ゲベルバルカル遺跡」や博物館とともに現地ヌビアの暮らしなどを紹介します。

★村治講師の講座「ヒエログリフを読み解く」(11月4日、25日、12月23日または1月27日、2月24日、3月24日 土曜13:30~15:00)もあります。
日時・期間 木曜 15:30-17:00 02/22~02/22 1回
日程 2018年 2/22
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 <テキスト> 教材プリントを使用します。(6枚以上・カラーは有料)
★村治講師の講座「ヒエログリフを読み解く」(11月4日、25日、12月23日または1月27日、2月24日、3月24日 土曜13:30~15:00)もあります。
講師紹介 村治 笙子 (ムラジ ショウコ)
1947年東京生まれ。東洋大學文学部西洋史学科卒。ヒエログリフ研究会(現在:古代エジプト研究会)でヒエログリフの勉強を続け、写真家の仁田三夫氏と共に古代エジプトの紹介につとめる。国立博物館などのエジプト関係の企画展の監修、講演を行う。また現在、古代オリエント博物館で「古代エジプトの壁画を読み解く」を教えている。著書に岩波新書カラー版『古代エジプト人の世界』、共著に新装『図説・エジプトの「死者の書」』『図説・エジプト1、2』(河出書房新社)『ナイルに生きる人びと』(山川出版)『トーハクのミイラ』(東京国立博物館)トッパン・ミュージアム・シアター『デジタル解剖室へようこそ』監修。「大英博物館 古代エジプト展~『死者の書』で読み解く来世への旅」の図録などを執筆。『村治笙子同行・ネフェルタリ王妃の墓を訪ねる旅』(2017年1月15日~22日 エジプト8日間の旅・2017年2月1日~15日 エジプト15日間の旅)が催行されます。

履歴