未来の天気はどうなるか| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】未来の天気はどうなるか 異常気象と地球温暖化

講師名 一般財団法人 気象業務支援センター 地球環境・気候研究推進室長 鬼頭 昭雄
講座内容
あまりにも暑かった今年の夏。もともと国連の世界気象機関(WMO)は2015~17年は観測史上最も暑い3年間だったと発表していました。もはや「異常」ではなく「平年」化しているこの暑さは、はたして何故起きているのでしょうか。地球は温暖化していないという意見もある一方で、気温は長期的に上昇し続けています。温暖化の進行とともに、極端な気象の頻度が増すとも予測されています。
 スーパーコンピュータも使って未来の気候予測を進めている講師が、異常気象と温暖化の関係を解きほぐし、変動する気候の過去と現在、そして未来を話します。
日時・期間 土曜 11:00-12:30 10/13~10/13 1回
日程 2018年 10/13
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 ※緊急講座のため10月期総合パンフレットには記載されていません。
ご案内 ※必要な資料は当日教室にて配布します。
講師紹介 鬼頭 昭雄 (キトウ アキオ)
1953年大阪府生まれ。京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士後期課程中退、理学博士。気象庁気象研究所気候研究部部長などを経て、2017年より現職。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会第2次~第5次及び第2作業部会第6次評価報告書の執筆者を務める。専攻は気象学。専門は気候モデリング、モンスーン、気候変動。著書に、『気候は変えられるか?』(ウェッジ選書)、『異常気象と地球温暖化―未来に何が待っているか』(岩波新書)など。

履歴