プルースト原典講読Ⅱ| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

プルースト原典講読Ⅱ 「囚われの女」

講師名 慶応義塾大学講師 菅沼 潤
講座内容
「失われた時を求めて」の第五篇「囚われの女」を原書で読み進めます。主人公のアルベルチーヌとの同棲生活が語られる一方、彼の芸術思想が深まっていきます。(講師記)
★フランス語のレベルは大学の教養課程程度。

★菅沼講師の「プルースト原典講読Ⅰ―ソドムとゴモラ」、「時間と記憶―プルーストの文学理論」の講座もあります。

※レベルをご確認の上、お申し込みください。
※トライアル受講1500円キャンペーン実施('18年5/23~6/30まで)!
 
お気軽にお問い合わせ、お申し込みください。お待ちしております。
TEL:045-453-1122 語学科まで
日時・期間 火曜 15:20-16:50 07/03~09/18 7回
日程 2018年 7/3
受講料(税込み)
7月~9月(7回)
会員 24,192円
教材費
設備維持費
注意事項 ★7月は第5週も授業を行います。日程にご注意ください。

<休業日のお知らせ>
 ★8月11日~17日及び9月23日は休業となります。
お申込みの前に ★この講座をはじめてご受講される方へ★
まず、お申し込みの前に、電話またはメールでお問合せください。
講座の進め方やテキストの進捗状況、学習レベルの状況などについて、
担当者から電話でご連絡いたします。メールでのお問い合わせはこちらから。
http://www.asahiculture.jp/yokohama/form_gaikokugo
トライアル可
ご案内 <テキスト>
★指定の教材を(有料)を使用します。教材カウンターでお求めください。
講師紹介 菅沼 潤 (スガヌマ ジュン)
京都大学文学部卒。慶應義塾大学文学部修士課程修了。パリ第四大学に留学。翻訳書に、ル=ゴフ『ヨーロッパは中世に誕生したのか?』(2014年、藤原書店)、『時代区分は本当に必要か?』(2016年、藤原書店)など。

履歴