つまみ細工の花のかんざし| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

つまみ細工の花のかんざし

講師名 つまみ細工作家 山下 正美
講座内容
最近、ますますポピュラーになりつつあるつまみ細工ですが、この講座は、今流行のレーヨンのちりめん等とボンド使用のおおまかでゆるいつまみ細工に物足りなくなった方や、もっと本格的に伝統技術を学びたいという方の要望に答えたいと思い立ち上げました。「小菊のくす玉かんざし」は緻密で繊細。昔の日本髪のころの仕上げになっています。(講師記)
正統な四匁(よんもんめ)正絹羽二重を使用します。華やかな仕上がりを楽しみましょう。



※使用する染めた布は手作りなので、写真とは風合いや色彩が多少異なることがございます。


大きさ 直径約3.5センチ。飾り房まで含めて約12センチ。
日時・期間 日曜 14:00-16:00 06/03~06/10 2回
日程 2018年 6/3
受講料(税込み)
6月~6月(2回)
会員 6,480円
一般 7,776円
教材費
設備維持費
注意事項 ●教材セット(約8,800円)は教室の中でお求めください。現金のみの取り扱い。お釣りのないようにご準備ください。
★講師手染めの布を使用するので写真と違いがある場合があります。
お申込みの前に ★つまみ細工で何でもいいので、何か制作したことのある方が対象です。本やネットを見て作ったも可。
ご案内 【各自準備】よく切れるはさみ、ハンドタオル2枚(乾いたもの1枚ともう1枚は濡らす)、速乾ボンド、ピンセット(曲がっていないもの)、筆記用具。



講師紹介 山下 正美 (ヤマシタ マサミ)
荒川区伝統工芸無形文化財継承者指定で東京都マイスター称号 を 取得のつまみ細工士戸村絹代に長年師事 。幼少時よりつまみ細工に魅せられ、専門家やかんざし職人の門をたたき、つまみ細工作家をめざす。繊細で愛らしい作品が多い。

履歴