道元「正法眼蔵」を読む| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

道元「正法眼蔵」を読む 「現成公案(げんじょうこうあん)」巻

講師名 駒沢大学教授 石井 清純
講座内容
道元禅師(ぜんじ)の主著『正法眼蔵』は、全体で95巻を数えますが、「現成公案」巻は、その中にあって、『弁道話』と「仏性」巻と並んで、最も重視される巻のひとつです。
 この講座では、最初に全体像を把握したところで、他の巻との関連も意識しながら、じっくりと内容を読み進めていきます。それによって、道元禅師の説いた自己把握の方法や、自らの歩みの定め方などを味わっていければと思います。(講師記)

1.「現成公案(げんじょうこうあん)」巻の思想―道元禅の基本を知る―
2.「現成公案」巻を読む(1)―「現成公案」の意味―
3.「現成公案」巻を読む(2)―悟りと迷い―
4.「現成公案」巻を読む(3)―存在と時間―
5.「現成公案」巻を読む(4)―山なき海中を行く―
6.「現成公案」巻を読む(5)―鳥は飛び、魚は泳ぐ―
日時・期間 水曜 10:30-12:00 04/25~09/26 6回
日程 2018年 4/25
受講料(税込み)
4月~9月(6回)
会員 17,496円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に 2017年4期開講。
講師紹介 石井 清純 (イシイ キヨズミ)
1958年生まれ。駒澤大学仏教学部卒、駒澤大学仏教学部教授。2000年にはスタンフォード大学客員研究員を務めた。専門は禅思想研究。特に道元禅師の著述の総合的な解釈・分析を試みている。
代表的な著書は、『禅問答入門(角川選書)』(角川学芸出版、2010年)、『道元 ―仏であるがゆえに坐す―』(佼成出版、2016年)など。

履歴