天体力学| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

その原点に立ち返る 【新設】天体力学

講師名 JAXA宇宙科学研究所准教授・「はやぶさ2」ミッションマネージャー 吉川 真
講座内容
「アルマゲスト」より
惑星から銀河までのいろいろな天体の動きを説明したり、ロケットや人工衛星・宇宙探査機の軌道を制御したりできるのは、天体力学のお陰です。この天体力学がどのようにして生まれてきたのかを、その鍵となる人物や著作に触れながらお話ししたいと思います。鍵となる人物としては、プトレマイオス、コペルニクス、ケプラー、ニュートンを取り上げ、それぞれの代表的な著作を参照しながら、現在の天体力学に至る過程をご紹介します。(講師・記)


回 日 程              テ  ー  マ
1 5/13(土)15:30〜17:30 天動説の集大成:プトレマイオスと「アルマゲスト」
2 6/10(土)15:30〜17:30 地動説への転回:コペルニクスと「天球の回転について」
3 7/8(土)15:30〜17:30 楕円への転回:ケプラーと「新天文学」
4 9/9(土)15:30〜17:30 古典力学の誕生:ニュートンと「プリンキピア」
※日別テーマは進度により変更することがあります
日時・期間 土曜 15:30-17:30 05/13~09/09 4回
日程 2017年 5/13
受講料(税込み)
5月~9月(4回)
会員 11,664円
一般 14,256円
教材費
設備維持費
注意事項 ★教室を変更することがあります。各日掲示板でご確認ください。
ご案内 ★8月は夏季休業のため休講です。
講師紹介 吉川 真 (ヨシカワ マコト)
1962年生まれ。東京大学理学部天文学科を卒業し、同大学大学院に進学する。理学博士。日本学術振興会特別研究員、郵政省通信総合研究所(現・情報通信研究機構)主任研究官を経て、1998年より文部省宇宙科学研究所に異動、現在、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所准教授。専門は天体力学。小惑星や彗星のような太陽系小天体の軌道解析や、人工衛星・惑星探査機の軌道決定について研究を進めている。また、天体の地球衝突を扱うスペースガードに関する活動も行っている。「はやぶさ」のプロジェクトサイエンティストであり、「はやぶさ2」のミッションマネージャを務める。

履歴