モラとアップリケ| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

モラとアップリケ

講師名 中山 富美子
中山富美子手芸研究所
講座内容
モラとはインディオのブラウスに刺した素朴な民族手芸です。インテリアや服装に生かしてミニ額、ポシェット、テーブルセンターなどを制作し、上級以上では各国の民族手芸的なものも指導。初・中・上級各6ヵ月、研究科期限なしです。

★☆講座担当からひとこと☆★ 
おおらかでダイナミックで美しい色彩が楽しいモラ。まずはご見学いただき、その世界をご覧ください。(無料・20分間…授業開始から20分ほどたってからのご見学をお勧めします)
中山先生は月1回出講、松尾先生は毎回出講されます。
毎年年末にはクリスマスと干支も制作します。
日時・期間 土曜 13:00-15:00 04/08~06/24 6回
日程 2017年 4/8
受講料(税込み)
4月~6月(6回)
会員 22,032円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に 新規の方:参考テキスト『はじめてのモラ』(NHK出版)。
各自準備:糸切ばさみ、しつけ糸、ボールペン、サインペン、まち針、筆記用具、色鉛筆または蛍光カラーペン
★初回教材セットは当日教室で販売いたします(約4000円) 見学可
ご案内 新規の方:参考テキスト『はじめてのモラ』(NHK出版)。
各自準備:糸切ばさみ、しつけ糸、ボールペン、サインペン、まち針、筆記用具、色鉛筆または蛍光カラーペン
★初回教材セットは当日教室で販売いたします(約4000円)
講師紹介 中山 富美子 (ナカヤマ フミコ)
京都市在住。中山手芸研究所・ギャラリエ ナカヤマ主宰。ファッションデザイナーを経て、刺しゅう、パッチワーク、モラなど、広い分野の手芸作家として活躍。毎年、京都、東京などで作品展を開催し、「NHKおしゃれ工房」をはじめ、雑誌、新聞、テレビなどでも作品を紹介している。世界の少数民族の手芸品を求め、辺境の地に取材に訪れることもあり、冒険旅行のエッセイなども発表している。主な著書に『花のクッション』(婦人画報社)、『オリエンタルナ刺しゅう』(NHK出版)など多数。
中山富美子手芸研究所 (ナカヤマフミコシュゲイ)

履歴