カナリア諸島の植物と景観| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

知られざる 【新設】カナリア諸島の植物と景観

講師名 一般財団法人 進化生物学研究所 理事長 湯浅 浩史
講座内容
テイデ山の名花エキウム / 竜血樹(リュウケツジュ)
小鳥のカナリア、カナリーヤシやシネラリアのふるさとのカナリア諸島は最高峰(テイデ山)が3718mの大西洋一の高山もあり、景観は変化に富んでいます。気候にも恵まれ、ヨーロッパのハワイとして観光客に人気です。一方、アフリカのガラパゴスと言われるように、七つの島は、多肉植物のアエオニウム、マーガレットやムラサキ科のエキウムなどが進化をとげ、分布する植物の1/4にあたる514種は固有種です。巨大な竜血樹をはじめ花々や景観を多数のスライドで紹介します。(講師・記)
日時・期間 土曜 13:00-14:45 03/17~03/17 1回
日程 2018年 3/17
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 湯浅 浩史 (ユアサ ヒロシ)
一般財団法人 進化生物学研究所理事長・所長
1940年神戸市生まれ。兵庫農科大学(現神戸大)卒業。東京農業大学大学院博士課程修了。農学博士。元東京農大農学部バイオセラピー学科教授、一般財団法人 進化生物学研究所理事長・所長、生き物文化誌学会前会長。朝日新聞に連載された『花おりおり』の著者として親しまれている。著書として他に『世界の不思議な植物』『世界の不思議な花と果実』『世界の葉と根の不思議』誠文堂新光社、『植物からの警告』ちくま新書、『植物ごよみ』朝日選書、『ヒョウタン文化誌』岩波新書、など多数。

履歴