名画に隠された真実| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

「人騒がせな名画たち」出版記念 【新設】名画に隠された真実

講師名 西洋美術史家 木村 泰司
講座内容
©高木昭仁
西洋絵画はただ何となく眺めて「感じる」のではなく、その描かれた背景などを知り、深く「読む」ことで何倍も楽しめるようになります。たとえば当時タブーとされていたこと、作品に描かれたモデルの悲話など、知って見るのと知らないで見るのとでは、鑑賞後の後味に天地ほどの差が生まれるものです。
 この講座はそういった「絵画の真実」をご紹介するものです。しかし単に驚きのネタだけのご紹介に終わらず、絵が描かれた当時の社会情勢や風俗、美術界の勢力図など、絵画を深く理解するために必要な知識をご紹介します。言わば、西洋美術史は「絵画を読むお作法」なのです。
 日本では美術史と美術評論の区別があいまいな上、個人の勝手な感想ばかりが主流になりがちです。その上、なぜか画家と作品を神聖化しがちなため、展覧会等でも絵画の「真実」にはあまり触れないという事情がありますが、本講座ではまさに「展覧会では知りえないこと」をたっぷりお伝えして参ります。
 登場する画家はボッティチェリ、ルーベンス、フェルメール、ルノワール、ゴッホなど、ルネサンス以降、近代までの美術史界のV.I.P.ばかり。作品も誰もが知る「超有名作」を選びました 。みなさまが「美術を読む」楽しさに触れていただければ本望です。(講師記)

日時・期間 土曜 13:00-14:30 12/15~12/15 1回
日程 2018年 12/15
受講料(税込み)
12月~12月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 当日、講座終了後「人騒がせな名画たち」(マガジンハウス)を販売、サイン会も行う予定です。
講師紹介 木村 泰司 (キムラ タイジ)
1966年生まれ。米国カリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号を修めた後、ロンドンサザビーズの美術教養講座にてWORKS OF ART 修了。ロンドンでは、歴史的なアート、インテリア、食器等、本物に触れながら学ぶ。知識だけでなくエスプリを大切にした、全国各地での講演会、セミナー、イベントは新しい美術史界のエンターテイナーとして評判をよんでいる。
著書に『印象派という革命』(集英社)、『美女たちの西洋美術史 肖像画は語る』(光文社新書)、『名画は嘘をつく1~3』(大和書房)、『世界のビジネスエリートが身につける教養 西洋美術史』(ダイヤモンド社)、「西洋美術史を変えた名画150」(辰巳出版)ほか。最新刊に『人騒がせな名画たち』(マガジンハウス)。テレビやラジオなど各メディアでも活躍。

履歴