「ヘンリー五世」を楽しむ| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】「ヘンリー五世」を楽しむ 講義のみ

講師名 翻訳家 松岡 和子
俳優 横田 栄司
俳優 中河内 雅貴
講座内容
彩の国シェイクスピア・シリーズ「ヘンリー四世」から5年。待望の「ヘンリー五世」が上演されます。
この講座では、本作品の翻訳を手がけ、シェイクスピア37作品全訳をめざす松岡さんが、観劇直前に作品の見どころを解説します。その後、舞台本番を終えたばかりの実力派俳優・横田栄司さんと、シリーズ初参加の中河内雅貴さんを迎え、役作りや作品の魅力のほか、稽古場でのエピソードなどをお話しいただきます。
作品をより深く味わい、シェイクスピアの世界にたっぷりと浸る1日です。ぜひご参加ください。  (協力:彩の国さいたま芸術劇場・ホリプロ)


≪スケジュール≫
●プレレクチャー 11:30~12:30(翻訳家・松岡和子さん)
●アフタートーク  終演後1時間程度(聞き手:松岡さん、ゲスト:横田さん、中河内さん)
  ※終演後すみやかに、映像ホールにご集合ください。
  ※プレレクチャーの際に、おおよその開始の目安をお伝えします。

会場は、彩の国さいたま芸術劇場内 映像ホール
11:20に映像ホール前にご集合ください。

日時・期間 月曜 11:30-17:30 02/11~02/11 1回
日程 2019年 2/11
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 5,800円
一般 6,880円
教材費
設備維持費
注意事項 ※この講座には、チケットはついていません。
お申込みの前に ★この講座には公演チケットはついていません。


  
≪WEB受付の注意事項≫
・WEB受付はご本人のみ、お一人様1枚となりますのでご注意ください。
・お申込み前に登録・ログインしていただきますことをお勧めいたします。
・モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)をご利用の場合、当社からのメール『@asahiculture.com』を受信できるようドメイン設定をお願い致します。
・当社からID,パスワード確認メールが届かない場合はこちらをご覧ください。⇒ https://www.asahiculture.jp/mailerror
ご案内 ≪スケジュール≫
11:30~12:30 プレ・レクチャー(劇場内施設:映像ホール前に11:20にご集合ください。) 
12:30~ 休憩 各自、昼食をとるなどして自由にお過ごし下さい。
13:30~ 公演(チケットはついていません。)
16:30頃~アフタートーク
 ※時間は目安です。当日の状況により多少前後します。
 ※終演後、すみやかに映像ホールにおいでください。

講師紹介 松岡 和子 (マツオカ カズコ)
翻訳家・演劇評論家・東京医科歯科大学名誉教授。1942年旧満州新京(長春)生まれ。東京女子大学英米文学科卒業。東京大学大学院修士課程修了。専攻は17世紀イギリス演劇。発足当初の現代演劇協会(付属劇団雲)文芸部研究生、『罪と罰』(演出・福田恆存)『黄金の国』(演出・芥川比呂志)の公演には演出助手として参加。1982年東京医科歯科大学(教養部)助教授、1986年から1997年3月まで教授。
主な著書は『ドラマ仕掛けの空間』(創樹社)、『すべての季節のシェイクスピア』(筑摩書房)、河合隼雄氏との対談集『快読シェイクスピア』(ちくま文庫)、『「もの」で読む入門シェイクスピア』(ちくま文庫)、『深読みシェイクスピア』(新潮文庫)など。
訳書は『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『クラウド9』など多数。現在、シェイクスピア戯曲の全訳に取り組んでおり、既刊は『ハムレット』『ロミオとジュリエット』『マクベス』『リア王』『アテネのタイモン』ほか全34本。
1995年第2回湯浅芳子賞受賞(海外戯曲翻訳部門)。日本シェイクスピア協会会員、
国際演劇評論家協会会員。第21期、22期 国語審議会委員。2008年度まで文化庁文化審議会委員。

横田 栄司 (ヨコタ エイジ)
1971年生まれ。文学座所属。彩の国さいたまシェイクスピア・シリーズでは、『リチャード三世』『ハムレット』『冬物語』『リア王』『じゃじゃ馬馴らし』『トロイラスとクレシダ』『ヴェニスの商人』『ジュリアス・シーザー』『ヴェローナの二紳士』ほか多数出演。ほかに、『カリギュラ』『美しきものの伝説』『ファウストの悲劇』『太陽2068』など、シェイクスピアに限らず多くの蜷川作品に出演した。また、鵜山仁、栗山民也、長塚圭史、宮本亜門、吉田鋼太郎、上村聡史らの演出作品にも数多く出演し、実力派俳優としてとしての地位を築いている。映像作品では、TOTOのCM「菌の親子」、TVドラマ『重版出来!』『逃げるは恥だが役に立つ』『刑事7人』『99.9』『dele』などに出演。
中河内 雅貴 (ナカガウチ マサタカ)
1985年広島県生まれ。カオス・パフォーマーズオフィス所属。N.Y留学を経てダンサーとして活動を開始。06年ミュージカル出演を機に、以降、俳優・ダンサー・アーティストとして多方面で目覚ましい活躍をみせている。主な出演作品:ミュージカル『シラノ』『ALTAR BOYZ』『ザ・ビューティフル・ゲーム』『イン・ザ・ハイツ』『CLUB SEVEN8~10th』『スコット&ゼルダ』『ドッグ・ファイト』『ビリー・エリオット』『ジャージー・ボーイズ』、舞台『銀河英雄伝説』『SAMURAI7』tpt『地獄のオルフェウス』『宝塚BOYS』『飛龍伝~殺戮の秋』『刀剣乱舞』ほか。彩の国シェイクスピア・シリーズは初参加で、無頼漢のピストル役に挑戦する。

履歴