カズオ・イシグロ「遠い山なみの光」を読み解く| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】カズオ・イシグロ「遠い山なみの光」を読み解く

講師名 青山学院大学教授 麻生 えりか
講座内容
イシグロのデビュー小説『遠い山なみの光』(1982)では、イギリスに住む日本人の未亡人エツコが約30年前の長崎での新婚時代を回想しつつ、心の中で抑圧してきた家族や故郷の記憶と向き合います。つらい過去を直視できない「信頼できない語り手」エツコは、リアリスティックに語らないことによってトラウマを語ります。
本講座では、語りと記憶、戦争、日本、アメリカ、ジェンダーなどのテーマから作品を読み解き、その奥深さを味わいます。 (講師記)



日時・期間 土曜 13:00-14:30 07/21~07/21 1回
日程 2018年 7/21
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 <休業日のお知らせ>
★8月11日~17日及び9月23日は休業となります。
ご案内 ★講座の資料は教室で配布いたします。
講師紹介 麻生 えりか (アソウ エリカ)
英国ノッティンガム大学大学院修士課程修了(英文学専攻)。慶応義塾大学大学院文学研究科博士過程満期退学(英文学専攻)。青山学院大学文学部専任講師、助教授、准教授を経て、現在青山学院大学文学部教授。日本英文学会、日本ヴァージニア・ウルフ協会、日本ロレンス協会、日本ワイルド協会会員。共著に、窪田憲子編『シリーズ もっと知りたい名作の世界⑥ダロウェイ夫人』(ミネルヴァ書房)、福田敬子、伊達直之、麻生えりか編『戦争・文学・表象――試される英語圏作家たち』(音羽書房鶴見書店)、日本ヴァージニア・ウルフ協会、河野真太郎、麻生えりか、秦邦生、松永典子編『終わらないフェミニズム――「働く」女たちの言葉と欲望』(研究社)、訳書に『テロリズム――その論理と実態』(青土社)、『D・H・ロレンス全詩集』共訳(彩流社)など。

履歴