張り子で作るおたふく面| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

張り子で作るおたふく面

講師名 張り子作家 前田 ビバリー
講座内容
張り子とは、型に和紙を貼り合わせてつくる日本の伝統工芸。おたふくの型に何種類か用意した風合いの違う和紙を選んで張り、髪の毛、目、ほっぺたを描きます。お正月の飾りに添えてみてはいかがですか。作品サイズは約10センチ。温かみのある雰囲気の張り子作りを味わいましょう。
日時・期間 土曜 15:30-17:30 12/16~12/16 1回
日程 2017年 12/16
受講料(税込み)
12月~12月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費 教材費 1,080円
設備維持費
注意事項
ご案内 ・手ふき用タオル 、・エプロン、はさみ、筆記用具 (鉛筆、お多福の顔描くときに下書きしたい方は必要) 、持ち帰り用の袋。教材は当日に教室でお渡しします。
講師紹介 前田 ビバリー (マエダ ビバリー)
長崎県生まれ。主に張り子の技法で郷土玩具やお面、縁起物、オリジナルの熊手などを製作。また、張り子の技法と胡粉盛り上げ彩色による御殿玩具の犬筥をオーダーメイドで制作。芸術集団『画賊』でも活動。

履歴