「痛みナビ体操」でひざ痛解消| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】「痛みナビ体操」でひざ痛解消

講師名 お茶の水整形外科 機能リハビリテーションクリニック院長 銅冶 英雄
講座内容
銅冶 英雄講師
一度痛くなると、なかなか治らないひざの痛み。なぜひざの痛みは起こるのか、そしてどうすれば改善するのか。ひざ痛を解消するポイントを講義で解説し、痛いときでも取り組める運動法として、椅子席で取り組める痛みナビ体操を紹介します。
 ひざ痛の原因の多くは、ひざの関節の「軟骨のすり減り」から来ていると言われています。しかし、原因はそれだけではありません。腰からの神経痛や足の筋肉 がひざの痛みの原因となっていることがあるのです。この原因を突き止めないでひざの治療を行っても、痛みを改善することは難しいのです。1人ひとりに合った体操を見つけることで、ひざ痛を根本的に治療し、痛みの再発を予防する痛みナビ体操を解説します。(講師記)
日時・期間 土曜 13:00-14:30 08/04~08/04 1回
日程 2018年 8/4
受講料(税込み)
8月~8月(1回)
会員 3,240円
教材費
設備維持費
注意事項 ※「痛みナビ体操」の詳細を解説、体操実修は、各自痛み等の様子を見ながら行ってください。
※治療ではありません。
講師紹介 銅冶 英雄 (ドウヤ ヒデオ)
お茶の水整形外科 機能リハビリテーションクリニック院長。
医師、医学博士、米国公認足装具士。日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション医学会専門医。1994年に日本医科大学を卒業後、2006年に千葉大学大学院を卒業。2007年に王立パース病院ベットブルック脊椎ユニット留学。2010年にお茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニックを設立。著書に『どこでも腰痛体操』、『あきらめない腰痛』、『腰痛治療0分革命』、『腰痛を自力で治す本』、『腰痛自力回復痛みナビ体操』、『腰の脊柱管狭窄症が痛みナビ体操で治った』など多数。

履歴