イタリア語で「オー・ソレ・ミオ」を歌おう| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

夏の夜 1日で歌いあげる 【新設】イタリア語で「オー・ソレ・ミオ」を歌おう

講師名 声楽家 安藤 英市
ピアノ 境田 直美
講座内容
学校の教科書にのっていたカンツォーネの名曲、「オー・ソレ・ミオ(私の太陽)」。聞き馴染みのあるこの曲を、原語の発音と発声(ベルカント)の基礎を学びながら、ピアノ伴奏にのって歌い上げます。世界中で訳されて、多くのアーティストによってカヴァーされていますが、原詩は標準イタリア語と多少異なるナポリ語です。ナポリ語の魅力も味わいながら、皆で一緒に歌いましょう。歌のご経験や語学の知識のない方も、楽しくご参加いただけます。

※楽譜は当日配布いたします。
※お一人ずつでなく皆で歌います。
※原語で歌いますが、発音と意味も説明しますので、初心者の方も歓迎です。
日時・期間 土曜 18:30-20:00 08/25~08/25 1回
日程 2018年 8/25
受講料(税込み)
8月~8月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 楽譜は当日に教室で配布します。原語で皆で歌います。
講師紹介 安藤 英市 (アンドウ エイイチ)
桐朋学園大学音楽学部声楽専攻卒業、同大学研究科3年次修了。後にイタリアへ留学。M.アウグスティーニ氏に師事しイタリア・ベルカントの技術を学ぶ。真のベルカント唱法を伝えられる期待のテノール。イタリアでは、「愛の妙薬」ネモリーノ、「椿姫」アルフレード、「セヴィリアの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵、「ドン・パスクアーレ」エルネスト、「オテッロ」カッシオ、など数多くのオペラやコンサートに出演、カンツォーネ・ナポレターナを歌うと「東洋の顔をしたナポリ人がいる!」と絶賛を受ける。2003年秋、6年間の留学を終え帰国。帰国後も、「ファウスト」ファウスト博士、「ラ・ボエーム」ロドルフォ、「トスカ」カヴァラドッシ、「ジャンニ・スキッキ」リヌッチォ、「蝶々夫人」ピンカートン、「椿姫」アルフレード、「ルチア」エドガルド、青島広志作曲「黒蜥蜴」雨宮潤一など、好評を博している。G・ジャコミーニ・マスタークラス受講。
境田 直美 (サカイダ ナオミ)

履歴