南仏・マルシェの家庭料理「カスレ」| 横浜教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

045-453-1122

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】南仏・マルシェの家庭料理「カスレ」

講師名 帝京大学名誉教授 西尾 和子
講座内容
パリはもとより、ヨーロッパ各地の人々が、リタイア後に暮らしたいと願う、憧れの土地、南フランス。中世城塞都市で有名なカルカッソンヌを擁するオクシタニ地方は、料理がおいしいことでも、ワインが豊富なことでも知られ、現在講師の住む町ブラムでは毎週水曜毎にマルシェが立ち、食品、雑貨、衣料品などを売る露店が大通りを埋め尽くします。
 本講座では、フランスを代表する郷土料理のひとつ「カスレ」を紹介します。「カスレ」はオクシタニ地方ラングドックの伝統料理で、中世100年戦争下でカステルノダリーの住民が残っている食材で兵士のために作った空豆や肉類の煮込み料理から生まれたと伝えられています。今日では白インゲンと肉類の煮込み料理となった「カスレ」をめぐってお話しする一方、地元の主婦がマルシェの食材で作る本場カステルノダリーのカスレをレシピも添えてご紹介します。試食とともに、南仏の味をお楽しみいただきます。 (講師記)

※お気軽にお問い合わせ、お申し込みください。お待ちしております。
TEL:045-453-1122 語学科まで
日時・期間 土曜 13:00-14:30 09/01~09/01 1回
日程 2018年 9/1
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,888円
一般 4,536円
教材費
設備維持費
注意事項 <休業日のお知らせ>
 ★8月11日~17日及び9月23日は休業となります。
ご案内 ★講座の資料は教室で配布いたします。
講師紹介 西尾 和子 (ニシオ カズコ)
東京大学文学部仏文科卒業。同大学院修士課程修了、博士課程退学。文学修士。明治学院大学非常勤講師、朝日カルチャーセンター横浜講師、慶応義塾大学講師などを経て、1986年から帝京大学教授、現在同名誉教授。『仏和大辞典』(小学館 共著)、『シャルル・ノディエの文学』(駿河台出版社)、『ボンジュールからはじまる一日』(三修社)など著書多数。現在1年の大半を南仏の町、ブラムに暮らす。

履歴