次の公開講座は小川軽舟先生の俳句。オンライン受講もできます

投稿日 : 2020年7月29日

■次の公開講座は小川軽舟先生の俳句1日講座「都会を詠む」。11月8日(日)午後、東京・西新宿の新宿住友ビル10階で開講します。
■新型コロナウイルスの影響を鑑み、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座として開講します。オンラインのツールは教育現場や企業で広く使われているオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使います。
■教室とオンラインで申し込み方法が異なります。
教室での受講は密集状態を避けるため、定員を40名とさせていただきます。これまでの半数となっていますのでご注意ください。
■講座についてのお問い合わせは問い合わせフォームからお願いします。
■ホームページでの受け付けが近づいたらこのページに受け付けページへのリンクを貼ります。

お申し込み方法

◇教室での受講をご希望の方

ホームページかはがきでの申し込みとなります。
ホームページは8月26日(水)午前10時から先着順に20名まで受け付けます。

はがきは専用はがきのほか、通常のはがきに講座名、住所、名前、電話番号とあればメールアドレスを記し、
〒163-0278新宿住友ビル10階、朝日カルチャーセンター通信講座受講受付係へ。
9月7日(月)必着。
抽選でコンビニエンスストアの払込用紙をお送りします。
外れた方は「キャンセル待ち」として、空席が出来たときにご連絡します。

◇オンライン受講をご希望の方

ホームページのみで8月26日(水)午前10時から受け付けます。定員はございません。


※今回は電話では申し込みを受け付けませんのでご了承ください。
※教室での受講を申し込まれた方は、オンラインでも受講できます。オンライン受講を申し込まれた方は教室では受講できません。

講座紹介

私たちの多くは都会に暮らしています。吟行に出かけて自然や田園を詠むのもよいのですが、私たちの生活の場である都会を詠むことも大切です。都会詠の秀句に学び、都会を詠むポイントを考えてみます。(小川軽舟講師記)

投句について

投句をご希望の方は兼題「小春」「七五三」の計2句をご提出ください。未発表の自作に限ります。
締め切りは10月7日(水)必着です
お申し込みの際にお送りする投句用紙と封筒を使い、公開講座「都会を詠む」係までお送りください。
提出作品は返却いたしませんのでご了承ください。

オンライン講座の受講方法

受講にはインターネットに接続されているパソコンやスマートフォン、タブレット端末などが必要です。また事前に「Zoom」のアプリケーションをインストールしてください。
詳しくはオンライン講座受講方法をご覧ください。

朝日カルチャーセンターではこのほかにも多くのオンライン講座を行っています。
講座紹介とお申し込みはオンライン講座の一覧をご覧ください。