短歌 「草木」教室 | 通信講座 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-2527

月~土 10:00~18:00 原則日曜祝日休業

短歌 「草木」教室

講師名 「草木」選者
大村 博子
講座内容

短歌は叙情詩のひとつのかたちです。自然に心の底から湧いてくる思い、日々の暮らしの中で抱く感情を31文字の中に表現できるのが魅力です。毎月1回未発表作品3首を提出していただきます。経験豊富な講師が一首一首に講評と添削を行い、実践的に実力を磨いていきます。3ヵ月に1度、他の短歌教室と合同で、優秀作品集「短歌通信」を作成します。

お申し込み

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

講師紹介 大村博子(おおむら ひろこ)
大村氏は、島田修二氏(1928~2004年)に師事。現在、島田氏の志を継ぐ「草木」誌の選者を務める。「草木」誌の作風は「新しい抒情の創造」。
※島田氏は、宮柊二に師事し迢空賞、詩歌文学館賞などを受賞した。宮中歌会始、朝日歌壇の選者を務め、歌集には『渚の日日』『草木國土』などがある。
受講開始月 毎月開講
受講期間 6カ月
新規受講料(税込) 20,460円
入会不要
添削回数 6回
延長期間 受講期間終了後から6ヵ月間
※延長期間とは、受講期間終了後も作品提出のできる猶予期間です。
提出と返却 ●提出
 毎月1回、自由題の作品を提出。
【提出締切日】・・・毎月25日
●返却
提出締切日から約1ヵ月後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②テキスト『短歌に親しむ』島田修二著
③提出用紙
④提出用封筒
その他のご案内 ●提出について
毎月1回、3首の作品を提出してください。
●その他
原則、毎月1回3首のペースでご提出いただきますが、提出が遅れている場合などは、1回に2ヵ月分(6首)までご提出いただけます。
また、提出延長期間(上記)もありますので、余裕を持ってご受講いただけます。
講師作品/添削例 ●添削講師の作品紹介<私の一首>●
 大村博子講師                   
   初夏の野に匂ふものすひかづら照葉のいばら吾は生きむよ
                             歌集「鳳凰山麓」所収
                 
●受講者作品と講評例から●
   五十七年伊予に住みたる吾が歌の合間合間に柑橘匂う  山田志慧子(愛媛県)
     歌の合間合間に柑橘が匂う、とは詩情にあふれ秀逸な表現です。住んだ
      年月の重さも感じられます。         大村博子講師選・評
受講者作品集 3カ月に1度、講師が選んだ優秀歌を掲載したプリント「短歌通信」を作成します。