漢詩を作る | 通信講座 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-2527

月~土 10:00~18:00 原則日曜祝日休業

漢詩を作る

講師名 全日本漢詩連盟招待詩家
河野 光世
講座内容

漢詩は鑑賞するだけでなく、自分で作ってみることで新たな世界が開けてきます。韻や平仄といった規則にも、一種のパズルのような面白さがありますので、作り慣れることで自然と身につきます。
この講座では、毎回その季節に合った風景を詠む題を課し、テキストを用いて七言絶句を実作してもらいます。古人の生み出した美しい漢語をいかに組み合わせて詩情豊かな作品に仕上げていくか、添削・講評を通して徐々に学んでいって頂きます。(講師記)

○漢詩創作の基礎を学習した方が対象です。
○新韻詩の指導は行いません。1期6ヵ月、2期以降も継続可。

お申し込み

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

講師紹介 河野 光世(こうの みつよ)
1958年生まれ。慶應義塾大学文学部中国文学科卒業。湯島聖堂斯文会で石川忠久・全日本漢詩連盟会長、窪寺啓・東京都漢詩連盟会長に漢詩を学ぶ。高校教諭を経て、現在斯文会講師、調布市アカデミー愛とぴあ講師。全日本漢詩連盟評議員。全日本漢詩大会に於て文部科学大臣賞受賞。その他、東京新聞賞、国民文化祭特別賞等受賞。
受講開始月 4月、7月、10月、1月に開講
受講期間 6カ月
新規受講料(税込) 24,580円
入会不要
添削回数 6回
延長期間 受講期間終了後から3ヵ月間
※延長期間とは、受講期間終了後も作品提出のできる猶予期間です。
提出と返却 ●提出
毎月1回、課題にそって、1~2首を提出。
【提出締切日】・・・毎月末日
●返却
提出締切日からおよそ3週間後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②詩箋
③提出用封筒
④テキスト『だれにもできる漢詩の作り方』呂山太刀掛重男著
その他のご案内 ●作品提出について 
テキストを参考に、毎月1回、課題に沿った作品を提出します。
第1~3回は1首、第4~6回は2首です。
●その他
原則、毎月1回のペースでご提出いただきますが、提出が遅れている場合などは、一度に2回分(2ヵ月分)までご提出いただけます。また、提出延長期間(上記)もご利用いただけます。
講師作品/添削例
受講者作品集 本講座には作品集はありません。