はじめての短歌 | 通信講座 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-2527

月~土 10:00~18:00 原則日曜祝日休業

はじめての短歌

講師名 監修 「かりん」編集長
岩田 正

※指導は添削講師が行います
講座内容

<講師のことば>
「歌(短歌)を作ってみたい。はじめてで何もわからない」こういう方は、まずなんでもいいから、言葉を五七五七七という語数にあわせて並べてみることです。歌になっているかいないか、そういうことを考える必要はありません。題材は、自転車でも風でもさくらの花でもなんでもかまいません。五七五七七と並べたら、歌の経験者にみてもらうことです。語句を入れ替えたり、テニヲハを直したり、ことばを消したり挿入したりして、歌らしい五七五七七にします。何度か繰り返して添削指導を受けると、歌というものが自分でも驚くくらいわかってくるものです。歌のわからない方、はじめての方、是非この指導を受けてみてください。

<添削講師>
作品の添削・講評は、監修講師の推薦した講師が行います。講師紹介をご覧下さい。

お申し込み

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

講師紹介 <監修講師>
岩田 正(いわた ただし)
1924年東京生まれ。早稲田大学卒業。馬場あき子氏主宰の「かりん」創刊に参加。「かりん」編集長。歌集に『靴音』、評論集に『土俗の思想』『現代の歌人』など。

<添削講師>
「かりん」同人 田村広志
受講開始月 毎月開講
受講期間 6カ月
新規受講料(税込) 20,460円
入会不要
添削回数 6回
延長期間 受講期間終了後から6ヵ月間
※延長期間とは、受講期間終了後も作品提出のできる猶予期間です。
提出と返却 ●提出
毎月1回、課題1首と自由題2首、計3首を提出。
【提出締切日】・・・毎月末
●返却
提出締切日から約3週間後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②参考テキスト『熟年からの短歌入門』岩田 正著
③課題
④提出用紙
⑤提出用封筒
その他のご案内 ●提出について
毎月1回、3首の作品を提出してください。
●その他
原則、毎月1回3首のペースでご提出いただきますが、提出が遅れている場合などは、1回に2ヵ月分(6首)までご提出いただけます。
また、提出延長期間もありますので、余裕を持ってご受講いただけます。

講師作品/添削例 ●添削講師の作品紹介<私の一首>
  田村広志講師                 
   仕方ないしかたがないって許せるか戦争放棄を放棄しゆくを
                         歌集「島山」所収
 
●受講者作品と講評例から●
   一針に明日を思い一針に過ぎし日思いつ縫うベビー服
                        原田淳子(神奈川県)
     結句の「ベビー服」を縫うやさしい場面を巧く作品化しています。
     ベビー服はお孫さんの物なのでしょう。明日と過去の時間を一針
     に重ねて詩的世界となっています。     田村広志講師選・評
受講者作品集 3ヵ月に一度、作品集(「てんさく実例集」)を発行しています。