やさしい短歌入門 | 通信講座 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-2527

月~土 10:00~18:00 原則日曜祝日休業

やさしい短歌入門

講師名 監修 「かりん」編集委員
米川 千嘉子 

※指導は添削講師が行います
講座内容
監修 「かりん」編集委員 米川 千嘉子

短歌を作りたいけれど、ただ、57577に、と言われてもわからない、一人では不安だ、と思われるかたもいらっしゃるようです。そこで、問題に応える形式で、すぐれた、そしてわかりやすい現代短歌を味わい、その良さや工夫について考えてみる、という作業を入れることで、作歌のポイントを実感していただけるようなものにしました。題に即して短歌を作ってもらう課題もあります。自転車でいえば、補助輪です。楽しいスタートにしたいと思います。(米川講師記)

【3つのポイント】

①実作…「生活」「家族」「自然」などさまざまなテーマで毎回2首短歌を作ります。どのテーマもテキストに沿っているので作歌のポイントを押さえて工夫できます。後半回は自由題に挑戦します。

② 鑑賞…歌人たちの優れた短歌を毎回1首取り上げて、100~200字の鑑賞文を書きます。主題が何か、内容や表現にどんな工夫があるかなどを具体的に書き表すことで、短歌の鑑賞力を身につけます。

③短歌クイズ…短歌を味わったり、自分で作るときのヒントになるようなクイズを毎回出題します(言葉選びや表現の工夫など)。歌の表現力や言葉の選び方など、楽しみながらじっくり考えていただきます。

<添削講師>
作品の添削・講評は、監修講師が推薦する添削講師が行います。

お申し込み

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

講師紹介 <監修講師> 米川 千嘉子 (よねかわ・ちかこ) 
1959年生まれ。「かりん」編集委員、毎日歌壇選者。角川短歌賞、現代歌人協会賞、若山牧水賞、迢空賞など受賞。歌集に『滝と流星』『衝立の絵の乙女』『あやはべる』など多数。

<添削講師> 古谷 円 (ふるや・まどか) 
1964年まれ。昭和女子大学大学院修了。1984年歌林の会入会。歌集『千の家族』により日本歌人クラブ新人賞受賞。
受講開始月 毎月開講
受講期間 6カ月
新規受講料(税込) 20,460円
入会不要
添削回数 6回
延長期間 受講期間終了後から6ヵ月間
※延長期間とは、受講期間終了後も作品提出のできる猶予期間です。
提出と返却 ●提出
毎月1回、課題を提出。
【提出締切日】毎月25日
●返却
提出締切日からおよそ1ヵ月後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引き
②テキスト 『親子で楽しむ こども短歌教室』 米川千嘉子編著、三省堂
③課題プリント
④提出用紙
⑤提出封筒

※テキストをお持ちの方は、テキストなしの受講料(18,800円)でお申し込みいただけますので、通信講座課までご連絡ください。
その他のご案内
講師作品/添削例
受講者作品集