はじめての俳句 | 通信講座 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-2527

月~土 10:00~18:00 原則日曜祝日休業

はじめての俳句

講師名 監修 「鷹」主宰
小川 軽舟

※指導は添削講師が行います
講座内容
監修 「鷹」主宰 小川 軽舟

「俳句を作ってみたい」「基礎からしっかり学びたい」という方にお勧めの講座です。
まず何を知らなければならないのか、どのように始めればよいのか。こうした疑問にお答えし、<初歩の初歩>から安心して勉強できるよう、「型」に沿った明快な指導をします。
テキストを読み、心構えと歳時記などの用意ができたら、ひと月目の課題作品をお送りください。「鷹」俳句会の経験豊かな講師陣が添削し、お返しします。
一年間でテキストを終える予定ですが、初めのころは特に、一人ひとりペースが異なります。なかなか先に進めない場合も心配せずに、添削者の指示に従ってじっくりと取り組んでください。
いちばん大切な俳句作法(さくほう)の基礎が身につきます。俳句の形式美を味わい、自然とのかかわり合いを楽しみ、ご自分の俳句を作る第一歩となればと思います。

●前期の課題  テキストにそって、指定の課題の句を提出します。
第1回 「型・その1」の基本型の2句
第2回 「型・その1」の基本型の2句
第3回 「型・その1」の応用型の2句
第4回 上五を「や」以外の切字で切る2句
第5回 「型・その2」の基本型の2句
第6回 「型・その2」の応用型の2句

<添削講師>
作品の添削・講評は、監修講師の推薦した講師が行います。講師紹介をご覧下さい。

お申し込み

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

講師紹介 <監修講師>
小川軽舟(おがわ けいしゅう)
1961年生まれ。藤田湘子に師事。「鷹」編集長を経て、 「鷹」主宰。湘子逝去により「鷹」主宰を継承。
句集「近所」により第25回俳人協会新人賞、評論集「魅了する詩型 現代俳句私論」により第19回俳人協会評論新人賞受賞。

<添削講師>
「鷹」同人  大石香代子 志田千惠 辻内京子 中嶋夕貴 山下桐子
受講開始月 毎月開講
受講期間 6カ月
新規受講料(税込) 20,460円
入会不要
添削回数 6回
延長期間 受講期間終了後から6ヵ月間
※延長期間とは、受講期間終了後も作品提出のできる猶予期間です。
提出と返却 ●提出
毎月1回、2句を提出。
【提出締切日】・・・毎月末
●返却
提出締切日から約3週間後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②テキスト『新版20週俳句入門』藤田湘子著(角川学芸出版)
③課題一覧
④投句用紙
⑤提出用封筒
その他のご案内 ●提出について
毎月1回、2句の作品を提出してください。
●その他
原則、毎月1回のペースでご提出いただきますが、提出が遅れている場合などは、1回に2ヵ月分(4句)までご提出いただけます。
また、提出延長期間もありますので、余裕をもってご受講いただけます。
●歳時記、俳句手帳(句帳)、国語辞典など
各自ご用意ください。テキストにも説明が記載されています。
講師作品/添削例 ●添削講師の作品紹介<私の一句>●
大石香代子講師
  樹々のこゑ草に移れる夜涼かな      句集「磊磊」所収
志田千惠講師
  流れつつ日にまみれつつ水澄めり     句集「流れつつ」所収
辻内京子講師
  大切な人の掌蝶生る            句集「蝶生る」所収
中嶋夕貴講師
  降りだして樹冠かがよふ鳥の恋      句集「樹冠」所収
山下桐子講師
  短夜の砂丘のごとく目覚めゐし
受講者作品集 本講座には作品集はありません。