俳句 山田閏子教室

  • 監修山田閏子(「初桜」主宰)
  • ※指導は添削講師が行います
講師詳細
俳句は17文字の中に日本の美・日本人の感性・森羅万象を表現する最短詩型です。毎月1回、未発表作品5句を提出します。

本講座は長年、深見けん二先生に監修していただいていましたが、深見先生が主宰されていた「花鳥来」が2021年9月で終刊になりましたので、後継の「初桜」を主宰する山田閏子先生に引き継がれました。
なお、深見先生は2021年9月15日、ご逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げます。

<添削講師>
作品の添削・講評は、監修講師の推薦した「初桜」同人が行います。講師詳細をご覧下さい。

◆この講座の参考テキストはありません。

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

お申し込み
受講開始月毎月開講 受講期間6カ月
添削回数6回 延長期間受講期間終了後から6カ月間は未提出分の添削を受け付けます。
新規受講料(税込)19,800円(消費税10%込み)
入会不要
提出と返却●提出
毎月1回、5句を提出。
【提出締切日】毎月25日
●返却
提出締切日から約1カ月後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②提出用紙
③提出用封筒
◆この講座の参考テキストはありません。
その他のご案内 ●提出について
毎月1回、5句を提出してください。
●その他
原則、毎月1回のペースで提出していただきますが、提出が遅れた場合などは、1回に2カ月分まで提出できます。
また、提出延長期間(上記)もありますので、余裕を持ってご受講いただけます。
講師作品/添削例 ●添削講師作品紹介<私の一句>●
  あらきみほ講師
      白鳥の首ふとぶとと諍へり       句集「ガレの壺」所収

●受講者(旧深見教室)作品と講評例から●
  秋天や魁夷の世界より青し           長谷部俊雄(千葉県)
     広がる空の青さに存分に浸りながら、東山魁夷のあの特有のエメラルド
     グリーンの青を想ったのだ。魁夷の絵も好きだが、秋天の深い青の清澄
     さに殊に感動している。          あらきみほ講師選・評
受講者作品集 俳句教室では、稲畑汀子教室をのぞく5教室合同で3ヵ月に一度、講師が選んだ秀句選「俳句通信」を受講者のみなさんにお配りしています。

講師詳細

<監修講師>
山田閏子(やまだ じゅんこ)
1944年東京・新宿生まれ。77年「ホトトギス」入会。87年「ホトトギス」同人。89年「花鳥来」入会。「花鳥来」編集長を経て、2021年「初桜」主宰。日本伝統俳句協会会員、俳人協会会員。句集に『育みて』『佇みて』『今日の風』。

<添削講師>
「初桜」同人 あらき みほ