自由英作文 | 通信講座 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-2527

月~土 10:00~18:00 原則日曜祝日休業

自由英作文

講師名 武蔵野音楽大教授
イアン・マックミッキング
講座内容

経験豊富なネイティブ講師が、受講者それぞれのレベルに合わせて、英作文における自然な表現や文章構成を指導します。

作文のテーマは自由です。日常の出来事、旅行、時事問題、その他、関心のあることをお書き下さい。参考テーマ集も用意してあります(例 Self Introduction, What I Think about Japanese Schools, Trendy Things Today, Is Japan a Rich Country? など)。文章の種類も自由です。通常の作文のほか、エッセイ、ビジネス文書、手紙、小論文など、目的に合わせて学習できます。

Q&A欄では、英作文や英語に関する疑問にお答えします(英語)。講師の添削やコメントは、すべて英語になりますので、高校レベルの英語力がある方が対象。自由に書いた英文を、添削して欲しいという方にお勧めです。

<学習の進め方>
毎月1回 350ワードの英作文を所定の原稿用紙で提出していただきます。提出作品は、締切日までは当社でお預かりします。返却は、締切日から約1ヵ月後です

お申し込み

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

講師紹介 <講師紹介>
イアン・マックミッキング(Ian McMicking) 
1945年オーストラリア・クィーンズランド州生まれ。68年シドニー大学卒業。72年に来日後、18年間外務省研修所で外交官の英語教育、90年には通産省の英語教育に従事。現在、武蔵野音楽大学教授。
受講開始月 毎月開講
受講期間 6カ月
新規受講料(税込) 19,740円
入会不要
添削回数 6回
延長期間 受講期間終了後から6ヵ月間
※延長期間とは、受講期間終了後も作品提出のできる猶予期間です。
提出と返却 ●提出
毎月1回 350ワードの英作文を提出。
【提出締切日】
毎月末
●返却
提出締切日の約1ヵ月後
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②ガイド冊子
③提出用紙
④提出用封筒
その他のご案内 ●その他
原則、毎月1回のペースでご提出いただきますが、提出が遅れている場合などは、一度に2回分(2ヵ月分)までご提出いただけます。また、提出延長期間(上記)もありますので、余裕を持ってご受講いただけます。
●レベルについて
指導はすべて英語になります。各自のレベルに応じて指導します。
講師作品/添削例
受講者作品集 本講座には作品集はありません。