短歌 米川千嘉子教室

  • 米川 千嘉子講師
  • 監修米川 千嘉子(「かりん」編集委員)
  • ※指導は添削講師が行います
講師詳細
馬場あき子・岩田正によって創設された短歌結社「歌林の会」による歌誌「かりん」の編集委員が監修。「かりん」同人が添削講師を務めます。

「かりん」のホームページはこちら

毎月1回未発表作品3首を提出していただきます。経験豊富な講師が一首一首に講評と添削を行い、実践的に実力を磨いていきます。3カ月に1度、他の短歌教室と合同で、優秀作品集「短歌通信」を作成します。

<添削講師>
作品の添削・講評は、監修講師の推薦した「かりん」同人の講師が行います。講師詳細をご覧下さい。

◆この講座は参考テキストはありません。

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

お申し込み
受講開始月毎月開講 受講期間6カ月
添削回数6回 延長期間受講期間終了後から6カ月間は未提出分の添削を受け付けます。
新規受講料(税込)19,800円(消費税10%込み)
入会不要
提出と返却●提出
毎月1回、3首を提出。
【提出締切日】・・・毎月25日
●返却
提出締切日から約1カ月後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②提出用紙
③提出用封筒
その他のご案内 ●提出について
毎月1回、3首の作品を提出してください。
●その他
原則、毎月1回のペースで提出していただきますが、提出が遅れた場合などは、1回に2カ月分(6首)まで提出できます。
また、提出延長期間もありますので、余裕をもってご受講いただけます。
講師作品/添削例 ●添削講師の作品紹介<私の一首>●

 浦河奈々講師                        
   母亡くてけふも国道六号に虹みゆつひに潜れざる虹
                              歌集「サフランと釣鐘」所収

 古志 香講師                        
   しづかにしづかにパトカーは来てアパートの孤独死が処理された秋の日
                              歌集未収録


●受講者作品と講評例から●

春一番庭木に止まりしヒヨドリが使わぬ筋肉駆使して堪える
             青島由美子(神奈川県)
    強風に使わぬ筋肉を駆使している―なかなかおもしろいとらえ方で
    す。一生懸命が筋肉に象徴されています。
                        草田照子講師選・評
受講者作品集 3カ月に1度、講師が選んだ優秀歌を掲載した「短歌通信」を作成しています。

講師詳細

<監修講師>
米川 千嘉子(よねかわ ちかこ)
1959年生まれ。現在「かりん」編集委員。毎日新聞、信濃毎日新聞、角川短歌賞、短歌研究新人賞他 選者。角川短歌賞、現代歌人協会賞、若山牧水賞、迢空賞など受賞。著書『親子で楽しむこども短歌教室』、歌集『滝と流星』『衝立の絵の乙女』『あやはべる』など多数。

<添削講師>
「かりん」同人 浦河 奈々 古志 香