短歌 今野寿美教室

  • 今野 寿美講師
  • 監修今野 寿美(歌誌「りとむ」編集人)
  • ※指導は添削講師が行います
講師詳細
短歌は叙情詩のひとつのかたちです。自然に心の底から湧いてくる思い、日々の暮らしの中で抱く感情を31文字の中に表現できるのが魅力です。毎月1回未発表作品3首を提出していただきます。経験豊富な講師が一首一首に講評と添削を行い、実践的に実力を磨いていきます。

<添削講師>
作品の添削・講評は、監修講師の推薦した「りとむ」同人が行います。講師詳細をご覧下さい。

◆参考テキストの「短歌のための文語文法入門」は、文語文法をわかりやすく解説した今野講師の著書です。近代以降の名歌の鑑賞も含まれています。歌を詠む際の参考図書としてご利用ください。

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

お申し込み
受講開始月毎月開講 受講期間6カ月
添削回数6回 延長期間受講期間終了後から6カ月間は未提出分の添削を受け付けます。
新規受講料(税込)20,840円(消費税10%込み)
入会不要
提出と返却●提出
 毎月1回、自由題の作品を提出。
【提出締切日】・・・毎月20日
●返却
提出締切日から約1カ月後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②参考テキスト「短歌のための文語文法入門」今野寿美著(角川学芸出版)
③提出用紙
④提出用封筒
その他のご案内 ●提出について
毎月1回、3首の作品を提出してください。
●その他
原則、毎月1回3首のペースで提出していただきますが、提出が遅れた場合などは、1回に2カ月分(6首)まで提出できます。
また、提出延長期間(上記)もありますので、余裕を持ってご受講いただけます。
講師作品/添削例 ●監修講師の作品紹介<私の一首>●
 今野寿美講師
   もろともに秋の滑車に汲みあぐるよきことばよきむかしの月夜(つくよ)
                            「星刈り」所収

●添削講師の作品紹介<私の一首>●
 岡村彩子講師
   <さざなみ>と名乗る間違ひ電話あり美男子と決め
   一日(ひとひ)愉しむ              「グレゴリオ暦」所収

●添削講師の講評例●
  小町通りの人込み抜けて着きし寺萩さやさやと風吹き渡る
                            松谷未知(神奈川県)
    「小町通り」の固有名詞が効果的ですね。「さやさや」の擬音語の
    使い方も的確です。雑踏を抜けてきた静かな萩のお寺で風の音を
    きいている作者の姿が立ち上ってきます。  
                                岡村彩子講師選・評
受講者作品集 短歌教室合同で3カ月に1度、講師が選んだ優秀歌を掲載したプリント「短歌通信」を発行します。

講師詳細

<監修講師>
今野 寿美(こんの すみ)
1952年東京生まれ。79年「午後の章」50首により第25回角川短歌賞受賞。NHK教育TV「NHK短歌」選者を2009年4月~11年3月まで担当。2015年より宮中歌会始選者。歌集に『花絆』『星刈り』『世紀末の桃』(第13回現代短歌女流賞受賞)『若夏記』『鳥彦』『め・じ・か』『龍笛』(第1回葛原妙子賞受賞)『かへり水』。著書として『歌ことば100』『24のキーワードで読む与謝野晶子』など。

<添削講師>
「りとむ」同人 岡村 彩子