俳句 黒田杏子教室

  • 黒田 杏子講師
  • 監修黒田 杏子(「藍生」主宰)
  • ※指導は添削講師が行います
講師詳細
俳句は17文字の中に日本の美・日本人の感性・森羅万象を表現する最短詩型です。毎月1回、未発表作品5句を提出します。

<添削講師>
作品の添削・講評は、監修講師の推薦した「藍生」同人が行います。講師詳細をご覧下さい。

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

お申し込み
受講開始月毎月開講 受講期間6カ月
添削回数6回 延長期間受講期間終了後から6カ月間は未提出分の添削を受け付けます。
新規受講料(税込)20,840円(消費税10%込み)
入会不要
提出と返却●提出
毎月1回、5句を提出。
【提出締切日】毎月25日
●返却
提出締切日から約1カ月後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②テキスト黒田杏子著『暮らしの歳時記―未来への記憶』(岩波書店)
③提出用紙
④提出用封筒
その他のご案内 ●提出について
毎月1回、5句を提出してください。
●その他
原則、毎月1回のペースで提出していただきますが、提出が遅れた場合などは、1回に2カ月分まで提出できます。
また、提出延長期間(上記)もありますので、余裕を持ってご受講いただけます。
講師作品/添削例 ●添削講師の作品紹介<私の一句>●
 名取里美講師
    月の海乳張る胸のしびれけり      句集「あかり」所収
 髙田正子講師
    流れたき形に水の凍りけり       句集「花実」所収

●受講者作品と講評例から●
 まつすぐな気持の対話夏の雲            中村紀子(北海道)
     心持ちがまっすぐである人との会話ほど、胸に響くものはない。心和む
     ときも、つらいときもあるかもしれない。作者の対話は前者であろう。
     夏の雲が輝いている。             名取里美講師選・評

 馬鈴薯の花羊蹄山を持ち上ぐる           澤辺貞子(北海道)
     作者は北海道にお住まいである。見渡す限りの馬鈴薯畑が花盛りを迎え
     ているのだ。羊蹄山がその上にぽっかり浮いて。この句の「馬鈴薯の花」
     は「いものはな」と五音で読む。        髙田正子講師選・評
受講者作品集 武田・黒田・小川・深見・大串の5教室合同で3カ月に一度、秀句選のプリントを作成しています。

講師詳細

<監修講師>
黒田 杏子(くろだ ももこ)
1938年生まれ。山口青邨に師事。 日経俳壇選者。夏草賞、現代俳句女流賞、俳人協会賞などを受賞。2011年句集『日光月光』で、第45回蛇笏賞を受賞。句集『木の椅子』『水の扉』『一木一草』など。著書に『黒田杏子歳時記』『俳句と出会う』、共編『女流俳句集成』ほか。

<添削講師>
「藍生」同人  名取 里美  高田 正子