俳句 小川軽舟教室

  • 小川 軽舟講師
  • 監修小川 軽舟(「鷹」主宰)
  • ※指導は添削講師が行います
講師詳細
1964年に創刊された俳句雑誌「鷹」。
前主宰の藤田湘子のリーダーシップのもと、
古典から前衛におよぶ戦後俳句の幅広い領域にわたって
すぐれた俳人を多数輩出し、足跡を残してきました。

「鷹」俳句会のホームページはこちら

当講座は現主宰の小川軽舟さんが監修し、「鷹」同人が実際の添削指導にあたります。

※原則として小川さんが監修する「はじめての俳句」修了者が対象です。

毎月1回、未発表作品5句を添削講評します。





<添削講師>
作品の添削・講評は、監修講師の推薦した「鷹」同人が行います。講師詳細をご覧下さい。

お申し込みから数日中に「ご予約承り書」と「払込用紙」をお送りします。所定のコンビニエンスストアでお払い込みください。

お申し込み
受講開始月毎月開講 受講期間6カ月
添削回数6回 延長期間受講期間終了後から6カ月間は未提出分の添削を受け付けます。
新規受講料(税込)20,840円(消費税10%込み)
入会不要
提出と返却●提出
毎月1回、5句を提出。
【提出締切日】毎月25日
●返却
提出締切日から約1カ月後です。
※講師の都合により、返却日は前後します。
教材 ①受講の手引
②テキスト『俳句と暮らす』 小川軽舟著(中公新書)
③提出用紙
④提出用封筒
その他のご案内 ●提出について
毎月1回、5句を提出してください。
●その他
原則、毎月1回のペースで提出していただきますが、提出が遅れた場合などは、1回に2カ月分まで提出できます。
また、提出延長期間(上記)もありますので、余裕を持ってご受講いただけます。
講師作品/添削例 ●添削講師の作品紹介<私の一句>●
志田千惠講師
 流れつつ日にまみれつつ水澄めり     句集「流れつつ」所収
辻内京子講師
 大切な人の掌蝶生る           句集「蝶生る」所収
山下桐子講師
 短夜の砂丘のごとく目覚めゐし
帆刈夕木講師
 いそしみて干潟の時間雲移る      句集「干潟の時間」所収

●講評例
漁火の沖へ銀河のなだれけり             神長哲郎(千葉県)
暗く大きな夜の海に、人間の営みの「漁火」が点る。そして遠く沖には、壮大なる宇宙からの銀河の光りの帯が悠然と傾れている。大きな句です。志田千惠講師選・評
受講者作品集 武田・黒田・小川・深見・大串の5教室は、合同で3カ月に一度、秀句選のプリントを作成しています。

講師詳細

<監修講師>
小川 軽舟(おがわ けいしゅう)
1961年生まれ。藤田湘子に師事。「鷹」編集長を経て、湘子逝去により「鷹」主宰を継承。句集「近所」により第25回俳人協会新人賞、評論集『魅了する詩型 現代俳句私論』により第19回俳人協会評論新人賞、句集「朝晩」により第59回俳人協会賞受賞。句集『手帖』、評論『現代俳句の海図』、著書に『俳句と暮らす』 (中公新書)、 『ここが知りたい!俳句入門』(角川学芸出版)など

<添削講師>
「鷹」同人  志田 千惠 辻内 京子 山下 桐子 帆刈 夕木