メールマガジン |立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

メールマガジン

朝日カルチャーセンターの講座や講師、活動についてご案内するメールマガジン
「朝カルメールマガジン」を配信しています。

「朝カルメールマガジン」の登録利用にあたっては、下記の利用規約をお読みください。以降、「朝カルメールマガジン」を利用される事により、本規約の内容に拘束される事に同意されたものとみなします。

「朝カルメールマガジン」の解除・配信先変更

マイページにログインいただき、「ご登録内容の確認・変更」よりご登録ください。

☆停止作業の都合上、メールマガジン配信停止の申請をいただいてから、メールマガジンが数通届く場合がございます。

マイページの詳しい内容はこちら »

朝カルメールマガジン利用規約

第1条(朝カルメールマガジンとは)

「朝カルメールマガジン」は、株式会社朝日カルチャーセンター(以下「ACC」と言う)が発行するメールマガジンです。

利用を申し込んだユーザー(以下、利用者と言う)のメールアドレスに対し、不定期に配信されます。

第2条(利用規約について)

本規約は「朝カルメールマガジン」の利用に関して規定しています。「朝カルメールマガジン」の利用者は、本規約の内容に同意したものとみなします。なお、本規約は適宜更新されます。利用者は随時本利用規約をご確認ください。

第3条(利用申し込み)

(1)利用希望者は、お客様情報登録フォーム上、またはマイページ上で「朝カルメールマガジン」の購読を申し込むことができます。

(2)「朝カルメールマガジン」の利用に必要なウェブにアクセスするためのコンピュータ、モデム、その他の機器類については、利用者自らの費用と責任において準備するものとします。 また、当該機器とACCの機器との間で不整合による接続不良が発生したとしても、ACCは接続履行の義務を負わないものとします。

(3)利用者は、申し込み時に登録した内容に変更が生じた場合は、所定の方法により、すみやかに変更の手続きを行うものとします。

第4条(著作権)

(1)「朝カルメールマガジン」の著作権は、ACCに帰属しています。

(2)「朝カルメールマガジン」の内容は、著作権法によって保護されており、内容の一部または全部を無断で転載・複製・改変・放送・頒布・出版することはできません。

(3)「朝カルメールマガジン」は利用者の私的使用のためにのみ提供されるものであり、これを第三者に譲渡したり承継させたりすることはできません。また、「朝カルメールマガジン」を営業目的に利用したり再販売したりすることはできません。

第5条(制限事項)

「朝カルメールマガジン」は、個人ユーザーの方のみ利用申し込みをすることができます。商業的な利用やメーリングリストのアドレスで申し込みをすることはできません。

第6条(配信の停止)

(1)「朝カルメールマガジン」は、ACCの都合により、配信を停止または終了することがあります。

(2)ACCは、「朝カルメールマガジン」の配信の停止または終了に関するいかなる責任も負いません。

(3)ACCは、サーバーやソフトウェアの保守・管理、天災・災害・労働争議など合理的な理由により、「朝カルメールマガジン」の配信を一時的に停止できるものとします。

(4)利用者が本規約に違反した場合には、ACCは当該利用者に対する配信を予告なく停止できるものとします。

(5)利用者がACCメールマガジンの申し込み時に虚偽の内容を登録した場合には、ACCは当該利用者に対する配信を予告なく停止できるものとします。

(6)利用者が指定した配信メールアドレスへの配信が、複数回にわたり未着エラーになる場合は、ACCは当該利用者への配信を停止できるものとします。

第7条(免責事項)

(1)「朝カルメールマガジン」の内容によって生じたすべての影響について、ACCは一切責任を負いません。

(2)ACCは「朝カルメールマガジン」の作成に関して万全の注意を払っておりますが、配信される情報に関して、その完全性、正確性他いかなる保証も行いません。

(3)「朝カルメールマガジン」の配信の遅延・未着および、それによって生じたすべての影響について、ACCは一切責任を負いません。

(4)利用者が「朝カルメールマガジン」の申し込み時に虚偽の内容を登録し、第三者に対して損害を与えた場合も、ACCは一切責任を負いません。

第8条(プライバシーについて)

利用者が、「朝カルメールマガジン」の申し込み時および、登録内容変更時に登録した情報はACCが所有し、ACCが管理するものとします。ACCは、当該情報自体を外部に開示することは一切ありませんが、統計データとして第三者に開示することがあります。

統計データとは、個人が特定できないように処理・加工した、本サービス利用者の「男女比」「年齢構成」「都道府県レベルの居住地の分布」などを指します。

第9条(その他)

「朝カルメールマガジン」の配信先に携帯電話等のメールアドレスを指定した場合は、文字数制限等により配信が完全に行われない場合があります。