知られざる水の「超」能力と腸健康法| 立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

知られざる水の「超」能力と腸健康法 -免疫力を高める生活習慣-

講師名 東京医科歯科大学名誉教授 藤田 紘一郎
講座内容
先日のNHKスペシャルというテレビ番組で、腸内細菌叢(腸内フローラ)をバランスよく育てれば、がんやアレルギーばかりでなくうつや認知症まで予防できるという放映があり、話題を集めました。一方、人間の体内の約60%は水で構成されており、成人では
少なくとも1日2.5リットルの水を排出し、2.5リットルの水を新たに補給していることがわかりました。つまり、体重70㎏の人は、約40リットルの水を絶えず体内に保留し、2.5リットルの水を毎日出し入れしていることがわかりました。
 腸を元気にすれば、いろいろな病気にならないことがわかったのですが、腸を元気にするためには、まず食事が大切です。腸内フローラのバランスを保つために食物繊維の豊富な野菜を食べ、発酵食品を食べることです。しかし、それにも増して腸粘膜を健康にする水を飲むことが大切です。
世界各地の飲料水を調べてみると、「腸にいい飲料水」を飲んで長寿を保っている人たちがいることがわかりました。ヒマラヤ山麓に暮らすフンザ族や南米の奥深い高原地域に住むビルカバンバの人たちでした。彼らの飲んでいる飲料水を分析すると、水にはいろいろな超能力があることが明らかになりました。
今回の講演では、日本と世界の飲み水を比較しながら、水の持つ超能力と腸に良い水について解説してみたいと思います。
日時・期間 水曜 10:30-12:00 07/25~07/25 1回
日程 2018年 7/25
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 藤田 紘一郎 (フジタ コウイチロウ)
1939年、中国・旧満州に生まれる。東京医科歯科大学医学部を卒業後、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。医学博士。テキサス大学留学後、金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学大学院教授、2005年4月より人間総合科学大学教授を経て、現在、東京医科歯科大学名誉教授。感染免疫学者。1983年に寄生虫体内のアレルゲン発見で小泉賞受賞。2000年にヒトATLウイルス伝搬経路などの研究で、日本文化振興会・社会文化賞及び国際文化栄誉賞を受賞。主な著書には「笑うカイチュウ」、「空飛ぶ寄生虫」(講談社文庫)、「原始人健康学」「水の健康学」(新潮選書)、「清潔はビョーキだ」(朝日文庫)、「ウンココロ」(実業之日本社)、「万病を防ぐ『水』の飲み方選び方」(講談社α文庫)、「免疫力をアップする科学」、「水と体の健康学」(ソフトバン)ク・サイエンスアイ新書)、「50歳からは炭水化物をやめなさい」(大和書房)、「脳はバカ、腸はかしこい」(三五館)などがある。

履歴