韓国・江原道(カンウォンド)の魅力| 立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

平昌冬季五輪開催の地 韓国・江原道(カンウォンド)の魅力

講師名 コリアン・フード・コラムニスト 八田 靖史
講座内容
韓国の江原道(カンウォンド)をご存じですか。朝鮮半島の中東部にあって、海と山の両方を楽しめる自然の豊かな地域です。2018年には道内の平昌(ピョンチャン)郡で冬季オリンピック・パラリンピックが開催されることもあり、いままさに注目度も上昇中。
 本講座ではそんな江原道の「食」に焦点を当て、数ある郷土料理や特産品を通じて、地域の文化や歴史をひも解いていきます。オリンピックを前に地域の特徴を知るのはもちろん、代表的なグルメスポットなど観光用の実践的な情報も紹介します。

※準備の都合上、7/21(金)までにご予約ください。
日時・期間 土曜 10:30-12:00 07/29~07/29 1回
日程 2017年 7/29
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 八田 靖史 (ハッタ ヤスシ)
コリアン・フード・コラムニスト。慶尚北道、および慶尚北道栄州市広報大使。1999年より韓国に留学し、韓国料理の魅力にどっぷりとハマる。韓国料理の魅力を伝えるべく、2001年より雑誌、新聞、WEBで執筆活動を開始。最近はトークイベントや講演のほか、企業向けのアドバイザー、韓国グルメツアーのプロデュースも行う。著書に『目からウロコのハングル練習帳』(学研)、『八田靖史と韓国全土で味わう 絶品!ぶっちぎり108料理』(三五館)ほか多数。最新刊は食の視点から日韓交流の姿を探る『食の日韓論 ボクらは同じものを食べている』(三五館)。韓国料理が生活の一部になった人のためのウェブサイト「韓食生活(http://kansyoku-life.com/)」を運営。

履歴