やさしいデッサン教室| 立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

やさしいデッサン教室 彫刻家と描く

講師名 彫刻家 渡辺 一宏
講座内容
講師作品
静物画や人物画だけでなく、スケッチや彫刻、写真、デザインでも、基礎となるのはデッサンの力です。常にデッサン力を磨くことが、上達のための第一歩です。
描く対象は身近にあるものがモティーフになります。例えば、布、ティッシュペーパー、和紙、紐など。どのように描けば、形や質感を表現できるのでしょう。また人物も描きながら、身につけて行きましょう。彫刻家の講師がデッサンと共に、モノの見方や捉え方、観察の大切さ、感情と創作の関係についてなどを解説しながら進めて行きます。初めての方は描くことの基本から学びます。じっくり作品に向き合うひとときを過ごしましょう。
※10月16日は裸婦と着衣の間を描きます。
日時・期間 火曜 13:30-16:30 10/16~12/18 3回
日程 2018年 10/16
受講料(税込み)
10月~12月(3回)
会員 12,636円
教材費
設備維持費
注意事項 ★10/16は、「裸婦と着衣の間を描く」組み込み講座がございます。(見学不可)
モデルの日以外は見学可能です。お電話でお問い合わせください。
お申込みの前に 見学可
ご案内 ※用意するもの
クロッキー帳(できれば大きめのものを)
鉛筆(B~6Bの中から3本程)、消しゴム(絵画用)、スケッチブック(F6程度)又は画用紙
講師紹介 渡辺 一宏 (ワタナベ カズヒロ)
1953年宮崎県生まれ。1985年東京芸術大学大学院彫刻専攻修了。1986から二科展出品。ほかに、1994-95年 次代を担う13名の作家たち展(上野松坂屋)、 2000年 「かたち・ふれあい」展(実践女子短大)、2001年 日向現代彫刻展、2001年から 宮崎現代彫刻展・空港展、2004年 INTER-SPACE展(韓国大邱市)、2005年 SMALL MONUMENTS展(オランダ、ベルギー、ドイツ)、2006年からGreen Arts展(国営昭和記念公園)、2007年 「接近展」パートⅣ(府中美術館)

履歴