蒔絵の勾玉ネックレス| 立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

漆工芸を体験しよう 蒔絵の勾玉ネックレス

講師名 玉川大学 講師 髙宮 洋子
講座内容
参考作品 / (黒―オニキス、赤―赤めのう、緑―緑めのう
天然の漆と代用金粉を使い、蒔絵の技法を体験します。今回は天然石の勾玉に
漆でデザイン画を描き、蒔絵を施します。個性豊かなオリジナル作品に仕上げて
みませんか。天然石、革紐の色は各3色の中からお選びいただけます。
 初めての方にも丁寧に指導します。ぜひ、漆の魅力を味わってみてください。



※天然漆を使用しますので、かぶれる場合があります。 ご注意ください。
※参考:天然石(黒・オニキス、緑メノウ、赤メノウ)サイズ:約31×18×12mm、 
     革紐(黒・ベージュ・茶)

※教材準備の都合上、2/28(水)までにご入金ください。


日時・期間 木曜 10:15-12:15 03/08~03/08 1回
日程 2018年 3/8
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費 教材費 1,540円
設備維持費
注意事項
お申込みの前に ※お申し込み時に天然石、革紐の希望色を1色ずつお知らせください。
ご案内 <持ち物>
面相筆(極細のナイロン製のものが良い)、カッター、はさみ、鉛筆、作品を持ち帰る小箱(5㎝四方程度)、ゴム又はビニールの手袋(薄手で手にピッタリとフィットするもの)、エプロン。
講師紹介 髙宮 洋子 (タカミヤ ヨウコ)
2000年 東京芸術大学大学院美術研究科後期博士後期課程芸術学保存修復技術修了。博士(美術)博美第82号。東京芸術大学大学院美術研究科文化財保存学保存修復彫刻研究室講師(修復実習担当)、実践女子大学講師(博物館学課程文化財学担当)を経て、現在、東京国立博物館内漆工修理室非常勤・多摩美術大学共通教育学、玉川大学芸術学部の講師を務める。文化財修復家と彫刻家としても活動する。百貨店等で個展を多数開催。二科展特選、東京芸術大学修了展サロンドプランタン賞。

履歴