チェコ・魅惑のクリスマス| 立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

【新設】チェコ・魅惑のクリスマス

講師名 チェコ蔵主宰 ペトル・ ホリー
講座内容
中世の街並みで知られるプラハのクリスマスは、絵本のような美しさ。ヨーロッパでも人気の高いチェコのクリスマスの魅力を探ってみましょう。
チェコでは1ヶ月近く前からクリスマスシーズンが始まり、アドベント(待降節・降臨節)、聖バルボラ、聖ミクラーシュというお祭りが続きます。中世の町並みがクリスマス飾りに彩られ、クリスマスマーケットやお芝居、コンサートなどで街が華やぎます。
この講座では、クリスマスの教会のミサや歌、伝統的な習慣など画像も交え、日本語でお話します。また、鯉を中心とした伝統料理、ガイドブックに載っていない習慣や迷信などにも触れます。ご一緒にクリスマス気分を楽しみましょう。
日時・期間 土曜 15:00-16:30 12/01~12/01 1回
日程 2018年 12/1
受講料(税込み)
12月~12月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 ペトル・ ホリー (Petr HOLÝ)
プラハ郊外のドブジーシュ生まれ。1990年プラハ・カレル大学哲学部日本学科に入学し、語学短期留学で初来日。93~94年早稲田大学、98年~2000年東京学芸大学大学院、その後、早稲田大学大学院文学研究科にて歌舞伎を研究し、04~06年同大学第一文学部助手、06年同大学大学院博士課程を卒業。06年に、チェコ大使館内チェコセンター東京を新たに開設、同時に所長に就任。ヤン・シュヴァンクマイエル監督の映画字幕作成や書籍翻訳、また作家カレル・チャペックの翻訳監修、関連書籍の執筆をはじめ、チェコ文化を広く日本に紹介。13年にチェコセンター所長を満期退任。現在、未だ知られざるチェコ文化・芸術の紹介と普及を目的にした「チェコ蔵」を主宰。チェコ文化関連のイヴェントや講師・講演会など数多くこなし、公的な通訳・翻訳業にも携わる。
チェコ蔵ホームページ http://chekogura.com

履歴