夏の夜の短歌会 聴講のみ| 立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

夏の夜の短歌会 聴講のみ

講師名 歌人 穂村 弘
歌人・作家 東 直子
講座内容
東さん撮影:小野田光
事前にみなさんが投稿した作品を、一緒に味わう歌会に参加してみませんか。創作術から鑑賞法まで楽しく学びます。今回のテーマは「台所」です。
 投稿&選句の受付を〆切りました。8/10以降お申込みの方は、聴講のみのご参加となります。

日時・期間 金曜 19:00-21:00 08/24~08/24 1回
日程 2018年 8/24
受講料(税込み)
8月~8月(1回)
会員 3,348円
一般 3,996円
教材費
設備維持費
注意事項 ・なるべくコンビニ支払いかWEB支払いでお願いします。
お申込みの前に 投稿&選句の受付を〆切りました。8/10以降お申込みの方は、聴講のみのご参加となります。(8/10)

講師紹介 穂村 弘 (ホムラ ヒロシ)
1962年生。上智大学文学部卒。歌人の枠にとらわれない多ジャンルでの創作、評論活動で注目を集めている。歌集『シンジケート』(沖積舎)、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』『ラインマーカーズ』(小学館)。エッセイ集『世界音痴』(小学館)、『現実入門』(光文社)、『本当はちがうんだ日記』(集英社)、『もしもし、運命の人ですか』(メディアファクトリー)、『整形前夜』(講談社)、『君がいない夜のごはん』(NHK出版)、『鳥肌が』(講談社エッセイ賞受賞・PHP研究所)、『野良猫を尊敬した日』(講談社)。共著に『異性』(河出書房新社)、『たましいのふたりごと』(筑摩書房)。詩集『求愛瞳孔反射』(河出文庫)。評論集『短歌の友人』(伊藤整文学賞受賞・河出書房新社)など多数。「ほむらひろし」名義での絵本の翻訳も多数。
東 直子 (ヒガシ ナオコ)
1963年生まれ。歌人、作家。1996年「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、2016年小説『いとの森の家』(ポプラ社)で第31 回坪田譲治文学賞受賞。歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』(ともに本阿弥書店)、『東直子集』(邑書林)、『十階』(ふらんす堂)、小説に『とりつ くしま』『キオスクのキリオ』(ともにちくま文庫)、『らいほうさんの場所』『トマト・ケチャップ・ス』(ともに講談社文庫)、『いつか来た町』(PHP文庫)、『薬屋のタバサ』(新潮文庫)、『晴れ女の耳』(角川文庫)、エッセイ集に『千年ごはん』(中公文庫)『鼓動のうた』(毎日新聞社)『七つ空、二つ水』(キノブックス)、評論集に 『短歌の不思議』(ふらんす堂)、共編著に『短歌タイムカプセル』(書肆侃侃房)等がある。HP:「直久」http://www.ne.jp/asahi /tanka/naoq/  Twitter:@higashin

履歴