「ボストン美術館の至宝展」珠玉のコレクションを楽しむ| 立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

「ボストン美術館の至宝展」珠玉のコレクションを楽しむ

講師名 東京都美術館学芸員 大橋 菜都子
講座内容
1876年に開館したボストン美術館は、今日では約50万点にのぼる作品を収蔵しています。作品収集には国や州などからの公的資金を受けておらず、ボストンの収集家や多くの支援者によって築き上げられてきました。本展では、古今東西の至宝80点―ツタンカーメン王の頭部から、英一蝶の幻の巨大涅槃図、モネの「睡蓮」やファン・ゴッホによる夫婦の肖像画、そして21世紀の村上隆の作品まで―を紹介しながら、収集家と作品のものがたりにも光を当てます。(講師・記)

「ボストン美術館の至宝展」
【会期】2017年7月20日~10月9日
【会場】東京都美術館 企画展示室
日時・期間 土曜 13:30-15:00 07/29~07/29 1回
日程 2017年 7/29
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 受付カウンターにて前売券を販売中です。
講師紹介 大橋 菜都子 (オオハシ ナツコ)
東京都美術館学芸員。一橋大学大学院言語社会研究科博士課程単位取得退学。東京都江戸東京博物館学芸員を経て、2011年より現職。これまでに「ルーヴル美術館展―地中海 四千年のものがたり」、「新印象派―光と色のドラマ」、「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」などを担当。専門はフランス近代美術。

履歴