老いない歯茎のつくり方| 立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

【新設】老いない歯茎のつくり方

講師名 東京歯科大教授 阿部 伸一
講座内容
歯は歯茎に植わっているように見えます。しかし歯の根の周りには骨があり、その骨を覆っている膜が歯茎だったのです。すなわち、健康な歯茎の状態を維持するという事は、歯を支える骨も健康である証拠です。そして骨がしっかりしているという事は、歯もしっかり固定されていることになり、何でもおいしく食べる ことが出来るのです。
 また歯茎が痩せると歯が伸びたように感じます。そして口もとの印象を変え、お顔全体の若々しさに影響を与えます。これは唇や頬を裏側で支える歯茎が痩せて唇や頬が緩み、しわが出来てしまうからです。
 本講演では、歯茎の中の構造を理解していただき、歯茎を健康に保つために必要な生活の中での習慣、また痩せてしまったり、歯を失って歯茎の部分がなくなってしまった場合の対処法などについて解説を行います。(講師・記)
日時・期間 土曜 10:30-12:00 09/09~09/09 1回
日程 2017年 9/9
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 阿部 伸一 (アベ シンイチ)
1983年 芝高等学校卒業、1989年 東京歯科大学卒業、1993年 東京歯科大学大学院修了(歯学博士)。2010年~ 現職。口腔インプラント基礎系指導医。日本口腔インプラント学会代議員。歯科基礎医学会評議員。日本顎咬合学会評議員。著書に『歯のしくみ 口のしくみ』(クインテッセンス出版)、『口腔からウエルエイジング』(クインテッセンス出版)、『基本のきほん 摂食嚥下の機能解剖』(医歯薬出版)等。

履歴