多摩俳句会| 立川教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

042-527-6511

平日 9:45~19:00 / 土 9:45~18:30 日 9:45~16:00 / 原則祝日休業

多摩俳句会 俳句を楽しみましょう

講師名 「玉藻」主宰・鎌倉虚子立子記念館館長 星野 高士
「玉藻」同人会副会長 西川 阿舟
講座内容
高濱虚子の唱えた「花鳥諷詠」「客観写生」を基礎に、俳句の楽しさを学びます。伝統俳句の基礎的な言葉の使い方についての講義と句会、多摩地域の名所を歩く吟行を通じて、俳句の上達を目指します。(西川講師・記)
日時・期間 土曜 13:00-15:00 04/07~09/01 6回
日程 2018年 4/7
受講料(税込み)
4月~9月(6回)
会員 16,848円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に 見学可
講師紹介 星野 高士 (ホシノ タカシ)
1952年生まれ。高浜虚子の曾孫、星野立子の孫、椿の長男。祖母立子に師事して10代より句作。俳誌「玉藻」主宰、鎌倉虚子立子記念館館長、「ホトトギス」同人、日本伝統俳句協会会員、日本文芸家協会会員。句集『破魔矢』、『谷戸』、『無尽蔵』、『顔』『残響』、著書『星野立子』、『俳句創作百科 美・色香』、共著『立子俳句365日』、著書『俳句真髄』など。NHK俳句選者、国際俳句協会理事、俳句ユネスコ無形文化遺産登録推進協議会理事。
西川 阿舟 (ニシカワ アシュウ)
TBSで番組制作に携わりながら句作を始め、「玉藻」に入り星野髙士に師事。「玉藻・四季物語」の編集長を務めながら文法等についての「言葉つれづれ」を執筆。↓↓↓↓

履歴