マエストロと語ろう

 オーケストラや歌劇場の音楽監督として君臨する指揮者たちを招きその仕事の具体的な内容や本質を生の声で語ってもらうシリーズ企画「マエストロと語ろう」が今秋始まります。朝日新聞社と朝日カルチャーセンターによる初の共同企画。観客を入れる対面形式とオンラインライブの両方で、質疑応答も。聞き手は吉田純子編集委員が務めます。
 指揮者は自ら音を出さず、他の奏者から音を引き出すという特殊な職業です。なぜ、どうやって指揮者になったのか。この職業ならではの喜びや悩みとは。コロナ禍の時期、迷える奏者たちをどう導いたのか。指揮者たちの本音を引き出しつつ、奏者たちの多様な個性を束ねあげるリーダーシップのあり方についても深掘りします。

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。