朝カル受講生が受賞しました


「文芸道場」受講者が三田文学新人賞佳作を受賞

新宿教室 池田雄一講師の「文芸道場」講座 受講者の高田朔実さんが、2020年第26回 三田文学新人賞佳作(小説部門) を受賞されました。
受賞作『 綿貫さん』は、「三田文学」HPで読むことができます。
高田朔実さん、おめでとうございます。 

高田さんより喜びのコメントをいただきました。
 

◆高田 朔実 さんのコメント◆
 小説を書くことに興味はありながらも、人様にお見せすることには抵抗がありましたが、一人ではなかなか進まないので、文芸関係の機関に通うことにしました。
 池田先生のクラスは、最近Zoomで開催されており、関西地方や海外など、遠方の方も参加されています。先生は各生徒さんの意思を尊重されながらも、言うべきことはきっちり言われています。受講生の皆さんからも感想をいただけて、視野が広がり、一人で書いていたときよりも、読んでくださる方々のことを気にかけるようになれたと思います。
 今回入選した作品は講座に通う前に書いたものですが、今後ともより面白い作品が書けるように、じっくりと取り組んでいきたいと思います。

池田雄一さんの講座はこちら 文芸道場

「三田文学」新人賞の情報はこちら


「水曜スケッチ教室」受講者が第33回 日本の自然を描く展入選

新宿教室 武笠 昇講師の「水曜スケッチ教室」講座 受講者の工藤陽子さんが「第33回 日本の自然を描く展入選」に入選されました。

おめでとうございます。受賞者の工藤さんに喜びのコメントをいただきました。


工藤さんのコメント
 老後の楽しみに、近所の公民館のスケッチ教室に通い始めたのが約10年前。
 花だけを描く教室だったので、思い切って新宿のカルチャーセンターで風景のスケッチを
始めたのが5年前です。
 娘たちにかっこいいところを見せようと公募展を探し応募、今回の入選に至りました。
応募の件は入選がわかるまで誰にも言えず、落選していたら誰にも知らせずにいたでしょう。
 親しい友人ができ、月2回の教室はとても楽しみです。 
                                                                                                                                                                                                                                                                          工藤陽子さん作品「石神井公園・初秋」


武笠 昇さんの講座はこちら 水曜スケッチ教室


「小説 どう書けばいいのか」受講者が文學界新人賞を受賞

新宿教室 村上和宏講師の「小説 どう書けばいいのか」講座 受講者の三木三奈さんが、第125回 文學界新人賞を受賞されました。
受賞作『アキちゃん』は、『文學界』2020年5月号に全文掲載されています。

おめでとうございます。三木三奈さんに喜びのコメントをいただきました。
 

◆三木さんのコメント◆
 自分の書いた小説を誰かに評してもらいたくて、思い切って村上先生の教室を受講したのが二十五のときでした。受講してみて、おもしろくなかったらすぐに辞めようと思っていましたが、それから二年間、授業の日は仕事が終わると急いで新宿へむかうようになりました。
 なんというか、自分の小説をこんなに丁寧に読んでくれる人がいるのかという驚きと喜びで、小説をかくのがどんどんおもしろくなっていきました。思いのほか作品を褒めていただいたときは、帰り道、どんなに疲れていても、寒くても、ずっとホクホクしていたのを覚えています。
 言葉を知らず、つたない私の文章を的確に直していただき、いつもあたたかく小説を評していただいた、先生のもとで学んだことは言葉では言い尽くせません。ほんとうに、どうもありがとうございました。

 

村上 和宏さんの講座はこちら  小説 どう書けばいいのか 実践編

『文學界』はこちら 『文學界』2020年5月号


「エンターテインメント創作講座」受講者2名が文学賞を受賞

新宿教室 岡田 徹さんの「エンターテインメント創作講座」講座をご受講のお二人が文学賞を受賞されました。
・西浦 理さんが『暗い駒音』で「第18回 北区内田康夫ミステリー文学賞」大賞を受賞
・宮本 ばれいさんが『夢を継ぐ者』で「第4回かつしか文学賞」優秀賞を受賞

おめでとうございます。受賞者の西浦さん、宮本さんに喜びのコメントをいただきました。


◇西浦さんのコメント◇
受講している『エンターテインメント創作講座』において、毎月の作品提出が執筆のモチベーションとなりました。                                     
また、講師である岡田先生の講評はもとより、受講生仲間からの批評も刺激や励みとなり、
今回の結果に繋がったと思います。書き始めてだいぶ時が経ちましたが、これまで何年もの         
ブランクを繰り返しながらもどうにか続けて来られたのは、このカルチャー教室に通っていた        講師の岡田徹さん
おかげだと思っています。ありがとうございました。

◇宮本さんのコメント◇
3月8日、第4回かつしか文学賞優秀賞を授与されました。嬉しいものです。
63歳から本気で書き始め、67歳にして初受賞です。最初は書き上げただけで満足し、何作か書いては応募するも落選続き。一から出直そうと岡田教室に入ってその原因が分かりました。基本的なことができていないのです。作品をちゃんと 読んで戴けるので、誤字脱字、同語反復などなど赤面するばかりでした。
「小説を書くのに金を払う、そんな勿体ないことができるか」と思っている方(私がそうでした)、作家になってやると本気で思っている友達の少ない方(まったくいない方)、ここにおいで下さい。文章を書くのは孤独で辛い作業です。月に一度集まりランチを食べましょう。年齢に関係なく、語りましょう。書いている人は皆同志です。敵視することなどないのです。殻に閉じこもる必要もありません。
 最後に一言。私の『夢を継ぐ者』が、絶対最優秀賞だと今でも本気で思っています。愚かでしょう。気になる方、一度読んで戴ければ幸いです。
 

岡田 徹さんの講座 はこちら エンターテインメント創作講座
 

北区内田康夫ミステリー文学賞のサイトはこちら 第18回「北区内田康夫ミステリー文学賞」
かつしか文学賞のサイトはこちら 「第4回かつしか文学賞」

「第18回 北区内田康夫ミステリー文学賞」     「第4回かつしか文学賞」優秀賞を受賞の宮本さん                        
大賞を受賞の西浦さん


※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。