特集「沖ノ島」 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

特集「沖ノ島」

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。

今年、日本の世界遺産の中では21番目に登録された世界文化遺産「「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群」。

関連する講座をピックアップしました。

おすすめ特集

古代九州の対外交渉

10/28~03/10 土曜 13:30-15:30

福岡大学人文学部教授 武末 純一
九州国立博物館 小嶋 篤
福岡市経済観光文化局 菅波 正人

弥生時代から奈良・平安時代の対外交渉について、関連遺跡から出た遺構遺物や祭祀の様相から、その歴史的な意義に迫ります。今年、世界遺産の登録が決...

《講座詳細へ》

福岡教室

沖ノ島と宗像三女神信仰

11/28 火曜 13:00-14:30

宗像大社文化財管理局主任 福嶋 真貴子

玄界灘の只中に浮かぶ孤島沖ノ島。宗像三女神を祀る宗像大社の御神体で、三女神信仰の根源として崇敬されてきた。島にほぼ手つかずに残っていた古代の...

《講座詳細へ》

北九州教室

世界遺産登録「神宿る島」宗像・沖ノ島の考古学

01/27 土曜 10:30-12:30

国立歴史民俗博物館名誉教授 広瀬 和雄

海の正倉院とも呼ばれる沖ノ島。宗像大社沖津宮の御神体で、玄界灘に浮かぶ周囲約4キロのこの小島は、2017年7月に世界遺産に登録されました。海...

《講座詳細へ》

中之島教室

沖ノ島 女神のいます島

03/29 木曜 13:00-14:30

千葉大学名誉教授 三浦 佑之

世界遺産への登録が話題になっている玄界灘に浮かぶ孤島・沖ノ島は、周りを断崖絶壁に囲まれた無人島だが、古くから宗形(宗像)という海の民が航海の...

《講座詳細へ》

新宿教室