古代史特集 | 特集ページ | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

古代史特集

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。

おすすめ特集

(阪大)呪術とむきあう-文化人類学の視点から

09/30 土曜 10:30-12:00

わら人形に五寸釘を打ち込む呪いの術。ともすると「非科学的な迷信」などと片づけられることの多いこうした呪術を、学問の対象として取り上げてきた分...

《講座詳細へ》

中之島教室

人間ドラマ 古代史編―第13回蘇我馬子の生涯

09/30 土曜 13:30-15:00

ますます過熱する古代史ブーム。注目される人物を取り上げて、その生涯をドラマティックに解説します。第13回は、蘇我馬子です。父・稲目の跡を継い...

《講座詳細へ》

中之島教室

(阪大)百舌鳥・古市古墳群と世界の王陵

09/30 土曜 13:30-15:00

大阪平野南部に約1600年前に突然現れた百舌鳥・古市古墳群。最高の技術と多くの労働力を結集して築かれた巨大な王陵が含まれており、5世紀に大阪...

《講座詳細へ》

中之島教室

万葉集への招待1日体験

10/02 月曜 10:30-12:00

万葉集を、巻1の冒頭から名歌を選んで読んでいきます。これから万葉集を読んでみようという初心者の方にもわかるように、基礎知識をマスターしながら...

《講座詳細へ》

中之島教室

悪の日本史 古代編10/2・16

10/02~10/16 月曜 15:30-17:00

教科書では教えてくれない、水面下の歴史上の人物たちの姿を語るシリーズ、第一弾。ここで扱う人物の悪とは倫理的尺度とは異なる内容をさす。たとえば...

《講座詳細へ》

新宿教室

悪の日本史 6回通し

10/02~12/18 月曜 15:30-17:00

教科書では教えてくれない、水面下の歴史上の人物たちの姿を語るシリーズ、第一弾。ここで扱う人物の悪とは倫理的尺度とは異なる内容をさす。たとえば...

《講座詳細へ》

新宿教室

初期の神仏交渉再考

10/03~12/19 火曜 10:10-11:40

2017年10月から12月の古代史再考は、初期の神仏交渉について取り上げます。多くの研究史が蓄積され、この講座でもこれまでに取り上げたことの...

《講座詳細へ》

名古屋教室

沖ノ島の女神

10/03 火曜 13:00-14:30

玄界灘に浮かぶ孤島・沖ノ島は、周りを断崖絶壁に囲まれた無人島だが、古くから宗形(宗像)という海の民の一族が航海の安全を祈願する島であった。そ...

《講座詳細へ》

千葉教室

木簡研究の最前線

10/04~10/18 水曜 15:30-17:00

全国各地で40万点を越える木簡が出土しており、木簡は古代史を語る史料として重要な位置付けを得ています。木簡によって、古代史像はどのように分か...

《講座詳細へ》

横浜教室

壬申の乱を再考する

10/04~11/15 水曜 13:00-15:00

“古代最大の内乱”といわれる壬申の乱については、これまで二度考える機会がありました。最初は内乱の実像、意義を明らかにすることに主眼をおき、二...

《講座詳細へ》

横浜教室

古代学の新潮流

10/04~12/20 水曜 13:00-14:30

古代についての研究成果は、日進月歩で、新しい解釈にとってかわられつつあり、それによって新しい古代像が描かれます。常に、新しい知見に接すること...

《講座詳細へ》

中之島教室

近世の古文書・古記録を読む1日体験

10/05 木曜 18:30-20:00

近世の古文書・古記録を用いて、くずし字の基本的な読解力を付けることを目指します。今期は町方・村方の証文類を読んで、人や土地の移動・譲渡など、...

《講座詳細へ》

中之島教室

未完成古墳の謎

10/05 木曜 10:00-11:30

完成されずに放置された前方後円墳の例が、近年いくつか見いだされている。なぜ未完成に終わったのだろうか。どこで未完成と判断できるのか、どのよう...

《講座詳細へ》

千葉教室

紫式部と清少納言

10/06 金曜 15:30-17:00

平安時代の才女の双璧として知られる、清少納言と紫式部。二人はそれぞれ、どのような人生を辿ったのでしょうか。また、紫式部が鋭く清少納言を批判し...

《講座詳細へ》

川西教室

年号が語る日本の歴史

10/06~12/01 金曜 10:30-12:00

日本で古代から現在に至るまで使われている「年号」。年号は「安和の変」「応仁の乱」「慶長の役」のように争乱や政変の名称となったり、「延暦寺」「...

《講座詳細へ》

横浜教室

聖徳太子の時代 1回受講①

10/07 土曜 13:00-14:30

聖徳太子の実在性が問われる時代ではあるが、『日本書紀』の伝える聖徳太子の時代が激動の時代であり、日本はこの時代を乗り切って、新しい時代が誕生...

《講座詳細へ》

京都教室

『日本書紀』を楽しむ 1日体験

10/07 土曜 10:30-12:00

この講座は『日本書紀』をじっくりと読んで、古代史の世界にひたろうとするものです。今期は孝徳天皇の巻に入ります。皇極天皇の終わりに起こった蘇我...

《講座詳細へ》

中之島教室

『日本書紀』を楽しむ

10/07~12/09 土曜 10:30-12:00

この講座は『日本書紀』をじっくりと読んで、古代史の世界にひたろうとするものです。今期は孝徳天皇の巻に入ります。皇極天皇の終わりに起こった蘇我...

《講座詳細へ》

中之島教室

聖徳太子の時代

10/07~12/16 土曜 13:00-14:30

聖徳太子の実在性が問われる時代ではあるが、『日本書紀』の伝える聖徳太子の時代が激動の時代であり、日本はこの時代を乗り切って、新しい時代が誕生...

《講座詳細へ》

京都教室

戦争の日本古代史

10/09~12/11 月曜 10:00-11:30

日本というと戦争ばかりしていた国と思われがちですが、実は前近代においては、対外戦争はほとんど経験していません。戦争について正しく分析すること...

《講座詳細へ》

新宿教室

倭から日本へ――中国王朝と倭国の外交

10/10~12/12 火曜 13:00-14:30

古代漢帝国が日本列島に居住する種族を「倭人」と呼び、また倭人の国邑を「倭国」と認識したのは、いつ頃なのか。その後、倭国と中国王朝の外交関係は...

《講座詳細へ》

中之島教室

『日本書紀』の魅力再発見 1日体験

10/11 水曜 10:30-12:00

今期は、巻十九の欽明天皇九年から。百済が日本に援護を要請するところを見ていきます。また欽明天皇が群臣に仏像を礼拝すべきかどうかを問われたこと...

《講座詳細へ》

中之島教室

継体天皇陵論の行方~今城塚古墳と太田茶臼山古墳

10/11~11/08 水曜 13:00-14:30

江戸時代以来、本居宣長ら国学者の議論のあった継体天皇陵について、研究史を整理するとともに、近年の今城塚古墳と大田茶臼山古墳の発掘調査成果を踏...

《講座詳細へ》

京都教室

争点⁉ 考古学と日本史のはざま

10/11~12/13 水曜 13:15-14:45

土中に眠る考古学上の遺跡や遺物は、一方で史料を中心に解析されてきた日本史と深く関わっています。しかし、伝統的な手法や研究の流れで、両者は必ず...

《講座詳細へ》

芦屋教室

古代史に見る日本人的信仰の原点~神と仏~

10/11~12/20 水曜 10:30-12:00

6世紀中葉の公伝以来、半世紀にわたる神祇信仰との相克を経て、推古朝の頃から朝廷として仏教受容の姿勢が打ち出されるに至りました。とはいえ、大王...

《講座詳細へ》

京都教室

『日本書紀』の魅力再発見

10/11~12/27 水曜 10:30-12:00

今期は、巻十九の欽明天皇九年から。百済が日本に援護を要請するところを見ていきます。また欽明天皇が群臣に仏像を礼拝すべきかどうかを問われたこと...

《講座詳細へ》

中之島教室

日本の民俗をさぐる1日体験

10/12 木曜 10:30-12:00

1日体験講座は、定期講座に併設して行います。定期講座「日本の民俗をさぐる」は、以前より継続して行っている講座です。初めてご受講される方は、1...

《講座詳細へ》

中之島教室

歴史街道を行く 遺跡でたどる日本史

10/12~12/14 木曜 13:00-14:30

歴史の舞台となった地に残る遺跡を訪ね、最近の考古学の成果をもとに、往時の面影をしのびます。教室では、伊勢神宮をはじめ古代の日本文化を考える上...

《講座詳細へ》

中之島教室

日本の民俗をさぐる

10/12~12/14 木曜 10:30-12:00

日本とは何か、日本人とは何かを問い続けてきたのが「日本民俗学」です。私たちの行動様式や思考法、感性などをもう一度古代に照らして眺めてみると、...

《講座詳細へ》

中之島教室

神々と神社の神話・伝承学

10/13~12/08 金曜 13:00-15:00

神話・伝承学は、神話や伝承を総合的に分析する魅力的な新しい学問領域です。この講座では、神話・伝承学の知見に学びつつ、日本の神々と神社について...

《講座詳細へ》

くずは教室

考古学の視点-畿内の古墳を考える

10/13~12/08 金曜 15:30-17:00

日本の歴史を考古学の視点から見直そうとする企画です。基本的なことに、最新の成果も取り入れますので、入門講座としても最適です。今年度は、畿内の...

《講座詳細へ》

芦屋教室

卑弥呼の鏡を読む  人文学への誘い~京都大学人文科学研究所協力講座

10/14 土曜 10:30-12:00

卑弥呼の「銅鏡百枚」――多数の小国に分かれて争っていた日本列島の倭人が、邪馬台国の女王卑弥呼のもとに結集し、西暦239年、中国王朝の魏に使い...

《講座詳細へ》

京都教室

再び「大形建物」を考える

10/14~12/09 土曜 10:30-12:00

纒向遺跡で発見された大形建物群について改めて検討します。今回は広く弥生時代の絵画に描かれた多彩な建物や、 実際に発掘された大形建物の復元研究...

《講座詳細へ》

中之島教室

現地学習 邪馬台国論争の新視点

10/15 日曜 13:30-15:30

行橋市歴史資料館で開催される「邪馬台国時代の豊」の展示解説を聞いた後、瀬戸内から畿内の強力な古墳文化が真っ先に伝わる、弥生時代終末期の豊前に...

《講座詳細へ》

北九州教室

古代日本人の信仰

10/17~12/19 火曜 15:45-17:15

「古代日本人の信仰」、このテーマから皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?例えば、神祇信仰、山岳信仰、仏教などいろいろあると思います。奈良の大...

《講座詳細へ》

湘南教室

古代女王制の始原と終焉

10/20~12/15 金曜 10:30-12:00

応神・仁徳両天皇以前の皇統譜は虚構と考えられます。3世紀に成立した卑弥呼・台与による女王制は4世紀後半まで継続するようです。その頃の倭人社会...

《講座詳細へ》

中之島教室

古墳時代の渡来文化

10/20~12/15 金曜 13:00-14:30

4世紀末頃以降、朝鮮半島から多彩な「もの」や、新しい技術が渡来してきた。第一、戦争のための武器・武具の革新―長頸鏃(ちょうけいぞく)・甲冑―...

《講座詳細へ》

芦屋教室

聖徳太子の時代 1回受講②

10/21 土曜 13:00-14:30

聖徳太子の実在性が問われる時代ではあるが、『日本書紀』の伝える聖徳太子の時代が激動の時代であり、日本はこの時代を乗り切って、新しい時代が誕生...

《講座詳細へ》

京都教室

宗像・沖ノ島の文化遺産の歴史的意義

10/23 月曜 10:30-12:00

世界文化遺産に登録された「「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群」。玄界灘に浮かぶ絶海の孤島(神体島)の巨岩で展開した古代国家祭祀では、アジア...

《講座詳細へ》

新宿教室

邪馬台国時代の鉄文化

10/23~12/25 月曜 10:30-12:00

邪馬台国の時代とは西暦3世紀頃、考古学的には弥生時代後期と呼ばれる時代です。この時代、日本列島は私たちが考える以上に、大陸・朝鮮半島と交流し...

《講座詳細へ》

北九州教室

城野遺跡と九州の古墳時代のはじまり

10/24 火曜 13:00-14:30

城野遺跡の方形周溝墓は、北部九州の弥生時代終末期の墳墓として最大級の一辺24.5 mある。普通一辺10 m前後であるから、その権力も自ずと知...

《講座詳細へ》

北九州教室

キリシタンと「切支丹」

10/24~10/31 火曜 10:00-11:30

キリシタン禁制という宗教政策は、江戸時代を通じて幕藩権力による民衆統制の根幹であり続けました。檀那寺から檀那である旨を証明してもらうことによ...

《講座詳細へ》

新宿教室

国宝から知る日本建築

10/24~12/12 火曜 13:00-14:30

古いお寺や神社を巡るのは好きだが、「歴史」と言われると、難しいようで敬遠してしまう。また、いくつか神社やお寺を見てまわって、素晴らしいとは思...

《講座詳細へ》

新宿教室

古代を創った人びと

10/24~12/19 火曜 13:00-14:30

わが国では、都を舞台にさまざまな人が生死し、歴史を展開してきました。政争に勝利して歴史に名を残した者がいれば、敗者となって消えていった者も少...

《講座詳細へ》

中之島教室

争乱から読み解く古代史

10/24~12/26 火曜 10:30-12:00

7世紀、古代国家の形成期にあった倭国(日本)では、中央政権内部の争乱が相次いだ。
629年の舒明天皇(天智天皇・天武天皇らの父)即位時...

《講座詳細へ》

立川教室

一年で学ぶ 奈良時代―歴史、人物、文化を知る

10/24~12/26 火曜 10:30-12:00

『奈良時代一周 まほろばを歩く』(NHK出版)を著した講師が、奈良時代の歴史やエピソードを語ります。平城京遷都、長屋王の変、東大寺建立、恵美...

《講座詳細へ》

中之島教室

【1日聴講体験】枕草子全編講読

10/25 水曜 10:30-12:00

枕草子は「気ままなエッセイ」「飾らない女子トーク」といったイメージが浸透しています。そう受け取れる部分も確かにありますが、何より清少納言が心...

《講座詳細へ》

立川教室

行燈山古墳出土の不思議な銅板と大型仿製鏡

10/25 水曜 13:00-14:30

奈良盆地東南部の天理市から桜井市にかけては、墳長200メートル超の大型前方後円墳が次々と築かれました。この3世紀後半から4世紀の大古墳群を、...

《講座詳細へ》

中之島教室

「古事記」を読む

10/25~12/27 水曜 13:00-14:30

今まで『古事記』を読んだことがないという人に、神話や伝承の楽しさを味わっていただきたいと思っています。神々の物語をどのように読めばいいのか、...

《講座詳細へ》

新宿教室

縄文人とそのくらし

10/25~12/27 水曜 13:00-14:30

日本各地の縄文遺跡からは総数で1万体を超える縄文人骨が出土している。これらの人骨から得ることができる人類学的な情報と、個々の墓から得ることの...

《講座詳細へ》

新宿教室

古代王権と海・山の民

10/25~12/27 水曜 15:30-17:00

古代天皇の権力の源泉はどこにあったのか。それは自然をも掌握できるパワーにありました。この講座では、従来ほとんど注目されてこなかった古代王権と...

《講座詳細へ》

新宿教室

人類はどこから来たのか

10/25~12/27 水曜 10:30-12:00

19世紀に始まった人類学は、さまざまな視点と手法を駆使し、人類の起源に迫る研究をすすめてきました。ホモ・サピエンスの起源は?発祥の地、アフリ...

《講座詳細へ》

中之島教室

戦争の古代史

10/26 木曜 13:00-16:15

日本というと戦争ばかりしていた国と思われがちですが、実は前近代においては、対外戦争はほとんど経験していません。戦争について正しく分析すること...

《講座詳細へ》

中之島教室

「古事記」を本居宣長と読む

10/26~12/28 木曜 19:00-20:30

『古事記』は、日本の歴史を語る最古の史書であるとともに、古代人の生み出した神話・思想・文学を味わう古典として有名です。遠い過去の人々は、何を...

《講座詳細へ》

新宿教室

万葉集の挽歌を読む1日体験教室

10/27 金曜 10:30-12:00

人の死を悼む挽歌は、万葉集の主なジャンルの一つです。古代の人たちは、人の死をどのように受けとめていたでしょうか。それはとりわけ歌を始めとする...

《講座詳細へ》

中之島教室

ようこそ考古学の世界へ

10/27~12/22 金曜 13:00-14:30

古代史の知識をちょっと深めてみませんか?考古学は、太古の昔、人々がどんな知恵や技術をもって生きていたかを見せてくれます。学校では教わらない古...

《講座詳細へ》

くずは教室

日本神話の世界 イチから読む『古事記』

10/28~12/23 土曜 13:00-14:30

天上の神々によって創造された島々に、やがて天神御子が降り立ち、日本という国が作り上げられていく…。天皇の御代となった後にも、現代人の常識では...

《講座詳細へ》

中之島教室

古代九州の対外交渉

10/28~03/10 土曜 13:30-15:30

弥生時代から奈良・平安時代の対外交渉について、関連遺跡から出た遺構遺物や祭祀の様相から、その歴史的な意義に迫ります。今年、世界遺産の登録が決...

《講座詳細へ》

福岡教室

土偶界へようこそ

10/29~12/10 日曜 13:00-14:30

今からおよそ15,000年前に始まったとされる縄文時代。その時代に土で作られた人形(ひとがた)の焼き物を土偶と言います。文字のない世界に生ま...

《講座詳細へ》

名古屋教室

歴史の中の食文化——卑弥呼から漱石まで

10/30 月曜 13:00-14:30

日本の歴史上の偉人たちは何を好んで食べていたのか?弥生時代の卑弥呼から、奈良時代の万葉歌人、平安時代の貴族、戦国時代の武士、そして明治の文豪...

《講座詳細へ》

中之島教室

「百舌鳥・古市古墳群」の考古学

10/31 火曜 13:00-14:30

この7月に世界文化遺産推薦候補になった大阪府の百舌鳥・古市古墳群は、多くの大王墓があることで知られています。しかし、その実態についてはあまり...

《講座詳細へ》

中之島教室

古代祭祀遺跡は何故そこにあるか?

10/31 火曜 13:00-14:30

2017年7月9日、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界文化遺産登録が決まりました。絶海の孤島、波濤渦巻く玄界灘のただ中にある沖ノ...

《講座詳細へ》

川西教室

東国の遺跡を考える

11/01~11/29 水曜 15:30-17:00

東国は、古墳時代から引続く軍事基盤として、また、蝦夷施策など辺境国への支援拠点として、古代国家における重要な役割を担ってきました。昨今、明ら...

《講座詳細へ》

横浜教室

聖徳太子の時代 1回受講③

11/04 土曜 13:00-14:30

聖徳太子の実在性が問われる時代ではあるが、『日本書紀』の伝える聖徳太子の時代が激動の時代であり、日本はこの時代を乗り切って、新しい時代が誕生...

《講座詳細へ》

京都教室

藤原氏誕生

11/04~11/11 土曜 10:30-12:00

藤原氏は天皇家と並んで、日本の歴史のもう一つの主役でした。中臣鎌足がこの氏を賜わってから、国家が形成される七世紀後半、八世紀の古代国家の成熟...

《講座詳細へ》

横浜教室

悪の日本史 中世編11/6・20

11/06~11/20 月曜 15:30-17:00

教科書では教えてくれない、水面下の歴史上の人物たちの姿を語るシリーズ、第一弾。ここで扱う人物の悪とは倫理的尺度とは異なる内容をさす。たとえば...

《講座詳細へ》

新宿教室

弥生から古墳へ11/11

11/11 土曜 13:00-16:30

弥生時代から古墳時代への移行は、政治史上の最初の大きな画期と言うことができますが、その評価はこの国の成り立ちを考える上の歴史観にも繋がる重要...

《講座詳細へ》

新宿教室

天皇陵古墳を歩く3

11/16 木曜 13:00-16:15

~箸墓古墳は本当に卑弥呼の墓か、どうしてヤマトトトヒモモソヒメの墓なのか~

 3世紀半ばごろに出現したとみられる箸墓古墳は、本...

《講座詳細へ》

横浜教室

※大和飛鳥を旅する~最後の「前方後円墳」と蘇我氏の台頭

11/16~12/21 木曜 15:30-17:30

大和盆地最大の前方後円墳「五条野(見瀬)丸山古墳」。誰が埋葬されているのか、直交して置かれた2基の石棺など、諸説をとりまく問題を軸に、この6...

《講座詳細へ》

名古屋教室

考古学から見た吉備と出雲

11/17 金曜 15:30-17:00

弥生時代から古墳時代における吉備と出雲の歴史を、両地域の墳丘墓、古墳の出現、巨大古墳、横穴式石室などの展開をもとにたどってみます。弥生時代に...

《講座詳細へ》

芦屋教室

聖徳太子の時代 1回受講④

11/18 土曜 13:00-14:30

聖徳太子の実在性が問われる時代ではあるが、『日本書紀』の伝える聖徳太子の時代が激動の時代であり、日本はこの時代を乗り切って、新しい時代が誕生...

《講座詳細へ》

京都教室

(特)万葉歌人‣旅人と憶良の「挽歌」~妹が見し楝の花は…

11/26 日曜 10:00-12:00

大伴旅人は大宰帥に任ぜられ、長年連れ添った老妻の郎女伴って九州に下ります。長旅がたたったのか、筑紫に赴任して間もなく、妻が病で逝去してしまい...

《講座詳細へ》

名古屋教室

11/26 特別講演 邪馬台国論争の新視点

11/26 日曜 13:30-15:30

講義もいよいよ佳境に入ったころ、邪馬台国近畿説の代表者であり、『王権誕生』等の著作で著名な寺沢薫先生を招き、纏向遺跡をはじめ近畿説最新情報を...

《講座詳細へ》

北九州教室

沖ノ島と宗像三女神信仰

11/28 火曜 13:00-14:30

玄界灘の只中に浮かぶ孤島沖ノ島。宗像三女神を祀る宗像大社の御神体で、三女神信仰の根源として崇敬されてきた。島にほぼ手つかずに残っていた古代の...

《講座詳細へ》

北九州教室

ヤマト政権と天皇陵古墳 箸墓古墳と西殿塚古墳

11/29 水曜 13:00-16:15

奈良盆地東南部に、3世紀後半から4世紀にかけてのヤマト政権の中心があったことは、間違いないでしょう。そして、箸墓古墳と西殿塚古墳は、その中に...

《講座詳細へ》

名古屋教室

新発見の明日香村小山田古墳を考える

11/30 木曜 13:00-15:00

2015年に明日香村川原で発見された小山田古墳は、その後の奈良県立橿原考古学研究所による調査で、7世紀中葉頃に造営された一辺70メートル前後...

《講座詳細へ》

中之島教室

(教室講義)~海の民・山の民の交流~ 「大縄文街道」の謎

12/02 土曜 15:30-17:30

関東を代表する縄文時代の一大文化圏「八ヶ岳山麓文化圏」と数千年に渡り交流し、黒曜石やヒスイを運び、土器の製作で協力し合い、親戚関係にあったこ...

《講座詳細へ》

湘南教室

聖徳太子の時代 1回受講⑤

12/02 土曜 13:00-14:30

聖徳太子の実在性が問われる時代ではあるが、『日本書紀』の伝える聖徳太子の時代が激動の時代であり、日本はこの時代を乗り切って、新しい時代が誕生...

《講座詳細へ》

京都教室

倭国が先か、倭人が先か――「卑弥呼の王国」再検討

12/05 火曜 13:00-15:00

漢委奴国王と書いて「かんのわのなのこくおう」と読みます。18世紀末に筑紫の志賀島から見つかった金印に記された「委」の文字は倭の省文で、倭国連...

《講座詳細へ》

中之島教室

古事記を旅する

12/05 火曜 13:00-14:30

古事記の神話では、出雲神話が大きな分量を占めているのよく知られているが、そのなかに、木国の熊野がしばしば顔を出す。木国というのは紀伊国(和歌...

《講座詳細へ》

千葉教室

蘇我氏と石上神宮の祭祀

12/07 木曜 13:00-14:30

ヤマト王権の執政官である大臣・蘇我氏と大連・物部氏が、仏教信仰受容などをめぐり角逐を繰り返したことは周知のところではありますが、この両氏の名...

《講座詳細へ》

芦屋教室

古墳時代の日朝関係

12/08 金曜 10:30-12:00

古墳時代の「倭」の社会は、朝鮮半島から多様な文化をさかんに受け入れ、取捨選択し、変容させ、みずからの文化として定着をはかっていました。特に5...

《講座詳細へ》

新宿教室

邪馬台国時代の大国を探る

12/08 金曜 15:15-18:15

邪馬台国時代のタニワの地(丹波・丹後)は、出雲と越など日本海沿岸の諸地域を結ぶ社会・文化の要の地で、日本海側と瀬戸内海側とを結ぶ南北交通の要...

《講座詳細へ》

横浜教室

弥生から古墳へ12/9

12/09 土曜 13:00-16:30

弥生時代から古墳時代への移行は、政治史上の最初の大きな画期と言うことができますが、その評価はこの国の成り立ちを考える上の歴史観にも繋がる重要...

《講座詳細へ》

新宿教室

天皇陵古墳が語る古代日本

12/09 土曜 15:30-17:30

初期王権が誕生したヤマトの地では、箸墓古墳に始まり、西殿塚古墳や桜井茶臼山古墳、続いて行燈山古墳(全長240m)、遅れて渋谷向山古墳(全長3...

《講座詳細へ》

立川教室

西摂の埴輪

12/09 土曜 13:00-14:30

六甲山南麓に築かれた前期古墳の処女塚古墳や武庫川流域の中期古墳の伊居太(いこた)古墳・御願塚(ごがづか)古墳の埴輪を通じ、西摂地域の埴輪の時...

《講座詳細へ》

芦屋教室

(特)今昔物語集・天竺部~羅刹鬼説話と女護が島伝承

12/10 日曜 13:00-15:00

「今昔物語集」の天竺部巻5第1話。インドの商人・僧迦羅が仲間とともに航海中に遭難し、美女ばかりが住む島に漂着するが、人を食う羅刹鬼であること...

《講座詳細へ》

名古屋教室

2017年の日本考古学

12/10 日曜 13:30-15:30

この1年間にも、日本古代史を塗り替える新しい発掘成果が相い次ぎました。たとえば、弥生鉄器の大生産遺跡・舟木遺跡(兵庫県・淡路島)の発見、飛鳥...

《講座詳細へ》

新宿教室

『古事記』にみる日本人の死生観

12/11 月曜 13:00-14:30

『古事記』は「ふることぶみ」であり、その名が語る通り、神話や英雄伝説の伝承に重きをおいた日本最古の文献です。本居宣長は、いにしえの心をもっと...

《講座詳細へ》

中之島教室

祝詞について――大祓の詞を中心に

12/13 水曜 13:00-14:30

祝詞は、神事に際して神を祭り神に祈りを捧げるときに唱える詞であり、現在に伝わる最も古いものは、平安時代に成立した『延喜式』の巻8に収められた...

《講座詳細へ》

中之島教室

聖徳太子の時代 1回受講⑥

12/16 土曜 13:00-14:30

聖徳太子の実在性が問われる時代ではあるが、『日本書紀』の伝える聖徳太子の時代が激動の時代であり、日本はこの時代を乗り切って、新しい時代が誕生...

《講座詳細へ》

京都教室

天智と天武

12/18 月曜 13:00-15:00

古代国家建設に巨大な足跡を残した兄天智天皇と弟天武天皇。二人は本当に兄弟だったのか?天智の子孫と天武の子孫は長きにわたり対立関係にあったのか...

《講座詳細へ》

千葉教室

古代史発掘この一年

12/21 木曜 10:30-12:30

毎年恒例!今年も考古学で一年を振り返ります。
大阪八尾市で道鏡にまつわる寺院が判明し、奈良平城宮の東院地区で聖武天皇時代の建物跡が発見...

《講座詳細へ》

名古屋教室

マキムクの王宮と「日の御子」

12/23 土曜 10:30-12:00

『古事記』雄略段は、新嘗につづく饗宴「とよのあかり」で歌われた天語(あまがたり)歌を載せる。そこでは「纒向日代宮(ひしちのみや)」を「朝日の...

《講座詳細へ》

京都教室

人間ドラマ 古代史編―第14回神武天皇

12/23 土曜 10:30-12:00

天孫降臨から四代、日向の地を出発したカムヤマトイワレヒコは、兄たちとともに大和を目指します。これこそ神武東征伝説。戦いの末、大和を手に入れ畝...

《講座詳細へ》

中之島教室

『変容する聖地 伊勢』 変容する聖地~王政復古にみる伊勢神宮

12/24 日曜 14:00-15:30

「神話の時代から遥かな時を経て今もかわることがない」と謳われる伊勢神宮は、実は時代ごとに抜本的な変容を繰り返してきました。神宮がその長い歴史...

《講座詳細へ》

京都教室