古代史特集 | 特集ページ | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

古代史特集

多彩な朝日カルチャーセンターの講座のなかでも、「古代史」は特に人気のカテゴリー。全国の教室から関連講座をピックアップしました。

「万葉集」の謎を解く

10/09~03/12 火曜 15:00-17:00

「春過ぎて夏来るらし白妙の衣ほしたり天の香具山」持統天皇の歌は美しい。しかし、持統天皇の実像は、すご腕の女性政治家であった。「壬申の乱」など...

《講座詳細へ》

横浜教室

「古事記」を読む

10/09~03/12 火曜 13:00-15:00

古事記は、和銅五年(西暦712年)に成立したという現存する日本最古の書物です。そこには、多くの神話、伝説、歴史的叙述、歌謡がおさめられており...

《講座詳細へ》

立川教室

古代の玉手箱をひらく

10/11~03/14 木曜 13:00-14:30

古代世界とわれわれを結びつけるのは史料である。われわれは直ぐに古代史料、その解釈に飛びつくが、その史料を生み出した人々の生活にまで目が及ばな...

《講座詳細へ》

立川教室

新講 日本古代史

10/13~03/23 土曜 10:30-12:00

最新の考古学や史料学の成果を取り入れた日本古代史を講じます。新たに書き直された『大学の日本史』を通じて、あたらしい日本の歴史を実感してみまし...

《講座詳細へ》

横浜教室

天平の文化

10/13~02/23 土曜 14:00-15:40

仏教を基調とする貴族的色彩の強い古代の文化は、律令国家の繁栄と盛唐文化の影響のもとで天平文化として結実しました。奈良時代、天平年間に栄えた文...

《講座詳細へ》

札幌教室

邪馬台国時代の社会

10/23~03/26 火曜 13:00-14:30

邪馬台国研究は、どうしても邪馬台国がどこにあったのかという点に焦点が向きがちである。しかし、邪馬台国を記載した「魏志」倭人伝には、邪馬台国を...

《講座詳細へ》

北九州教室

古事記と日本書紀<3回通し>

11/07~03/06 水曜 13:00-15:00

720年に完成した正史『日本書紀』と712年完成の『古事記』。それぞれの形態・内容・編纂意図から両者の位置づけを考える。
11月:形態...

《講座詳細へ》

名古屋教室

尾張氏(おわりうじ)の考古学

12/05~03/06 水曜 10:00-12:00

尾張国造・熱田神宮に関わる伝承や継体天皇ゆかりの人物として登場する「尾張氏」。古代の東海地域に絶大な影響力を持つその活躍について、古墳時代を...

《講座詳細へ》

名古屋教室

平安時代文学と「源氏物語」

01/08~03/12 火曜 10:30-12:00

平安時代の様々な文学と、『源氏物語』とを関連させて、二つ同時に学ぶ講座です。毎回『源氏物語』の一つの巻を取り上げ、その内容と関連の深い平安時...

《講座詳細へ》

新宿教室

倭人伝社会―「外来系土器」とクニグニの関係を探る

01/09~03/13 水曜 13:00-14:30

考古学上の専門用語である「外来系土器」は、広く使用されており、在地社会からみれば、異系統の土器です。考古学資料中、土器は最も多く、年代を知る...

《講座詳細へ》

芦屋教室

神話世界の風景を探求する

01/10~03/14 木曜 13:00-14:30

『古事記』や『日本書紀』あるいは『風土記』等の神話と、ギリシア・エジプト・北欧などの世界の神話を比較しながら、その神話に描かれた場所の風景か...

《講座詳細へ》

くずは教室

古代日本人の神意識

01/11~03/08 金曜 15:30-17:00

古代に生きた日本人は、世界の始まりや穀物の起源、生と死の起こり、地名の由来など、生活を取り巻くさまざまな物事の発生に、神々の活動があったと考...

《講座詳細へ》

新宿教室

神々と神社の神話・伝承学~中世の「神道」を探る

01/11~03/08 金曜 13:00-15:00

「神道」と言えば、古代から続く伝統的な日本の神々への信仰として知られています。ですが、それは近代以降に作られた神道観であり、実際には「神道」...

《講座詳細へ》

くずは教室

世界遺産候補 「百舌鳥・古市古墳群の研究」

01/11~03/08 金曜 15:30-17:00

日本の歴史を考古学の視点から見直そうとする企画です。基本的なことに、最新の成果も取り入れますので、入門講座としても最適です。今年度は、世界遺...

《講座詳細へ》

芦屋教室

ゆっくり学ぶ万葉歌

01/11~03/08 金曜 15:30-17:00

多くの人たちにとって、万葉集の存在は愛すべきものであり、わが国の現存最古のこの歌集に魅せられて、更に深く鑑賞していきたいという方も多くおられ...

《講座詳細へ》

中之島教室

聖徳太子をめぐる美術

01/11~03/15 金曜 15:30-17:00

本講座は、聖徳太子に関わるとされる古代の美術作品や、後世の太子信仰によって制作された作品を、より深く理解することを目的とします。毎回、文献や...

《講座詳細へ》

中之島教室

日本書紀で読む飛鳥時代

01/12~03/09 土曜 13:00-14:30

推古天皇が飛鳥豊浦宮で即位された593年から元明天皇が藤原京から平城京へ遷都された710年までの1世紀あまりの期間は、おおむね飛鳥に都が置か...

《講座詳細へ》

川西教室

中世の古文書を読む

01/16~03/20 水曜 15:30-17:00

この講座では、主に中世(12世紀末~16世紀)の文書史料を読み解いていきます。中世固有の表現や時代背景をあわせて学ぶことで、文書史料から様々...

《講座詳細へ》

千葉教室

古代学の新潮流

01/16~03/20 水曜 13:00-14:30

古代についての研究成果は、日進月歩で、新しい解釈にとってかわられつつあり、それによって新しい古代像が描かれます。常に、新しい知見に接すること...

《講座詳細へ》

中之島教室

古墳群とはなにか

01/18~03/15 金曜 13:00-14:30

各地の政治的リーダーとしての首長の墳墓、前方後円墳は単独でつくられる場合もあるが、多くは古墳群を形づくります。単独の首長一族が数代にわたって...

《講座詳細へ》

芦屋教室

和歌の歴史

01/19 土曜 13:00-14:30

和歌は千数百年も続いた、日本固有の詩です。日本の歴史を貫き、古典文化の基軸となってきました。どうしてこれほど長く、大切にされ続けたのでしょう...

《講座詳細へ》

新宿教室

日本人のルーツを考える 1月

01/19 土曜 13:30-15:00

弥生時代には日本人の多くが水田でコメをつくる農民となり、東アジア世界に本格的に登場して、『魏志』倭人伝にみえる国や国々のまとまりができました...

《講座詳細へ》

福岡教室

縄紋時代の考古学

01/19~02/16 土曜 15:30-17:00

日本列島での基層文化をなす縄紋時代について、東日本(特に関東地方・南東北地方)を中心に最近の発掘調査による新発見と、新たに発達してきたAMS...

《講座詳細へ》

湘南教室

金石文から見た日本古代史 第四期

01/19~03/30 土曜 13:00-14:30

金属や岩石に刻まれた、いわゆる金石文(きんせきぶん)は古代の歴史を知る上で貴重な史料であり、いわば歴史の生き証人のような存在であります。今期...

《講座詳細へ》

京都教室

万葉集への招待1日体験

01/21 月曜 10:30-12:00

万葉集を、巻1の冒頭から名歌を選んで読み進めています。これから万葉集を読んでみようという初心者の方にもわかるように、基礎知識をマスターしなが...

《講座詳細へ》

中之島教室

飛鳥時代のすべてを学ぶ

01/22~03/26 火曜 10:30-12:00

西暦593年の正月に推古天皇が飛鳥豊浦宮で即位され、710年3月に元明天皇が平城京へ遷都されるまでの117年間を歴史学では飛鳥時代と呼んでい...

《講座詳細へ》

中之島教室

干支になったイノシシの考古学

01/23 水曜 10:30-12:00

2019年は亥年。縄文時代、猪と鹿はともに大事な食料でしたが、猪の土製品を盛んにつくる一方で、鹿の土製品はほとんどありません。弥生時代になる...

《講座詳細へ》

新宿教室

「古事記」を読む

01/23~03/27 水曜 13:00-14:30

今まで『古事記』を読んだことがないという人に、神話や伝承の楽しさを味わっていただきたいと思っています。神々の物語をどのように読めばいいのか、...

《講座詳細へ》

新宿教室

旧石器から縄文へ

01/25~03/22 金曜 15:30-17:00

日本列島の縄文文化は、世界最古級の土器が出現したことでよく知られている。日本を始めとする東アジアでは、氷河時代の末期に世界に先駆けて土器が発...

《講座詳細へ》

新宿教室

ようこそ考古学の世界へ

01/25~03/22 金曜 13:00-14:30

古代史の知識をちょっと深めてみませんか?考古学は、太古の昔、人々がどんな知恵や技術をもって生きていたかを見せてくれます。学校では教わらない古...

《講座詳細へ》

くずは教室

海洋国家日本と中国~日本国王、倭寇から長崎貿易まで

01/26 土曜 13:00-14:30

【講座内容】
14世紀後半、中国で明が建国されると,諸外国に朝貢を要求し、海禁を厳しくしました。このことに、日本は大きな関わりを持って...

《講座詳細へ》

京都教室

はじめての古文書

01/26~03/09 土曜 13:30-15:00

博物館に展示されている古文書を見て、自分でも読んでみたいと思ったことはありませんか。古文書(くずし字)は、コツさえつかめば誰でも読めるように...

《講座詳細へ》

芦屋教室

「天皇陵古墳を歩く」

01/29 火曜 13:00-16:15

陵墓となる古墳は原則として非公開で、容易に内容を知ることができない。それでも過去に蓄積された資料や、現地を訪れて観察することで少しずつ全貌が...

《講座詳細へ》

新宿教室

古代を創った人びと

01/29~03/19 火曜 13:00-14:30

わが国では、都を舞台にさまざまな人が生死し、歴史を展開してきました。政争に勝利して歴史に名を残した者がいれば、敗者となって消えていった者も少...

《講座詳細へ》

中之島教室

縄文から弥生へ

01/30~03/06 水曜 15:30-17:00

縄文時代と弥生時代、これまでこの二つの時代は狩猟採集の時代と農耕の時代というように、明確に区分されて歴史的な叙述が行われてきた。
 し...

《講座詳細へ》

新宿教室

万葉集から古代を読みとく

01/30~03/06 水曜 10:00-11:30

歌からわかる心意こそ、ほんとうの歴史ではないのか。人はどうして、歌を残
そうとするのか。われわれは、7世紀と8世紀の歌から、どのように...

《講座詳細へ》

中之島教室

中世の鎌倉を歩く

01/31 木曜 10:30-15:30

相模国茅ヶ崎の総社鶴嶺八幡宮は、源頼朝の祖先八幡太郎義家が開いたと伝えます。近くには鎌倉時代に作られた国指定史跡相模川橋脚跡もあります。冬の...

《講座詳細へ》

千葉教室

『新古今和歌集』王朝の雅(みやび)を読む 1日体験

01/31 木曜 10:30-12:00

『新古今和歌集』には、『古今和歌集』以来の和歌の伝統はもとより、『源氏物語』や『伊勢物語』『枕草子』など王朝文学の精華が、余すところなく盛ら...

《講座詳細へ》

中之島教室

三角縁神獣鏡-研究の現状

01/31 木曜 10:30-12:00

三角縁神獣鏡については、「卑弥呼の鏡」か否かをめぐって長い間議論が続いてきました。また大
和の王権誕生のカギをにぎる資料としても注目さ...

《講座詳細へ》

芦屋教室

続・争乱の奈良時代史 大伴家持四題

01/31 木曜 13:30-15:00

華やかな天平文化で知られるとともに多くの血を流した争乱がみられた奈良時代。その争乱の背景からは、どのような人々の思惑がうかがえるのでしょうか...

《講座詳細へ》

芦屋教室

古事記と日本書紀から探る古代天皇の岐路

02/01~03/01 金曜 10:30-12:00

古代天皇にまつわる興味深い物語について、「古事記」と「日本書紀」から一つずつテーマを選び二回でお話しします。

①2月1日 倭建...

《講座詳細へ》

中之島教室

『枕草子』を読む

02/01~03/29 金曜 10:30-12:00

日本最古の随筆『枕草子』は、言葉遣いや筋立てに制約のある「物語」「歌」「日記」や、男性による「漢字の領域」から逸脱した文学といわれます。歌人...

《講座詳細へ》

芦屋教室

弥生古墳・歴史回廊Ⅱ

02/02 土曜 13:00-14:30

2世紀前半期の日本列島,弥生時代が終焉を迎えようとする時代。各地には多様な地域社会が存在し、それぞれ豊かな独自文化を育んでいたと考えることが...

《講座詳細へ》

横浜教室

平安京人物伝

02/04~03/04 月曜 10:00-11:30

九世紀から十一世紀ごろに記された古記録などの史料には、実在したすごい(あるいは変な)人物が、天皇から貴族、庶民に至るまで、じつに多岐にわたっ...

《講座詳細へ》

新宿教室

日本人のルーツを考える 2月

02/09 土曜 13:30-15:00

弥生時代には日本人の多くが水田でコメをつくる農民となり、東アジア世界に本格的に登場して、『魏志』倭人伝にみえる国や国々のまとまりができました...

《講座詳細へ》

福岡教室

観応の擾乱

02/10 日曜 13:00-15:00

観応の擾乱とは、室町幕府初代将軍足利尊氏および執事高師直と、「三条殿」として幕政を主導していた尊氏弟の直義が対立し、初期の室町幕府が分裂して...

《講座詳細へ》

中之島教室

平安の装束

02/11 月曜 10:30-12:00

光源氏が着ていた装束はどういったものだったのか。『源氏物語』を中心とした平安文学の記述をもとに解説していきます。ぜひ装束を身近に見て、『源氏...

《講座詳細へ》

横浜教室

東アジアにおける元号のはじまりと展開

02/12 火曜 10:30-12:00

個別の名称で時を記す元号は、中国に始まる。どういった経過でいつそれが始まったのか。改元の目的と意味は何か。どういった機会に改元が行われるのか...

《講座詳細へ》

中之島教室

古典文学に学ぶ仏教―奥の細道

02/13 水曜 13:00-14:30

古典文学の中には著名な神社仏閣が登場します。本講座は、古典を読む講座ではなく、古典の中に引用される神社仏閣をもとに日本の仏教を学ぶという、こ...

《講座詳細へ》

千葉教室

仏教と歴史上のライバルたち 後醍醐天皇と尊氏

02/13 水曜 15:00-16:30

新しい視点から仏教の歴史を学ぶ講座。今回は、後醍醐天皇と尊氏たちが活躍した時代の仏教について、写真と二人の仏教についてのエピソードを交えなが...

《講座詳細へ》

千葉教室

日本列島100万年史

02/16 土曜 10:30-12:00

我々に身近にある自然と言えば、天気の他には我々が毎日生活している大地が挙げられます。大地は決して安定なものではなく、実は少しずつ変化している...

《講座詳細へ》

新宿教室

金石文から見た日本古代史 2/16

02/16 土曜 13:00-14:30

金属や岩石に刻まれた、いわゆる金石文(きんせきぶん)は古代の歴史を知る上で貴重な史料であり、いわば歴史の生き証人のような存在であります。今期...

《講座詳細へ》

京都教室

藤原氏と日本史

02/18~03/18 月曜 10:00-11:30

藤原氏は天皇家と並んで、日本の歴史のもう一つの主役でした。
中臣鎌足がこの氏を賜わってから、国家が形成される七世紀後半、八世紀の古代国...

《講座詳細へ》

新宿教室

金石文から見た日本古代史 2/23

02/23 土曜 13:00-14:30

金属や岩石に刻まれた、いわゆる金石文(きんせきぶん)は古代の歴史を知る上で貴重な史料であり、いわば歴史の生き証人のような存在であります。今期...

《講座詳細へ》

京都教室

古代日本の「ファンタジー」

02/23 土曜 13:00-14:30

気がついたらそこは異世界だった――。ファンタジー小説やゲームの主役たちは、電車や飛行機では行けないどこかへ旅立ちますが、それは世界中の神話や...

《講座詳細へ》

中之島教室

藤原定家の和歌と歌論

02/27~03/27 水曜 10:30-12:00

藤原定家の和歌は、優美な物語性や複雑な夢幻性を特徴とする斬新さで知られてきました。その未曾有の創造はどのようにして可能となったのか。講義では...

《講座詳細へ》

新宿教室

声に出して読む「平家物語」

02/27~03/27 水曜 15:30-17:00

琵琶法師によって語り継がれてきた「平家物語」の面白さは、声に出して読んでみてこそ分かります。美しい言葉、躍動感溢れる表現…!激動の時代を懸命...

《講座詳細へ》

湘南教室

【教室講義】古代街道の地下痕跡とルーツ

03/02 土曜 15:30-17:30

現在、全国から発見されている、古代~中世の計画的道路の遺跡。九州の筑紫平野から奥州平泉まで、そこには共通する謎の「小穴群遺構(しょうけつぐん...

《講座詳細へ》

湘南教室

天皇陵古墳が語る古代日本

03/02 土曜 15:30-17:30

6世紀初め、ヤマト王権の権威は著しく弱体化する。武烈天皇には後継者がなく、皇統断絶の危機に陥る。武烈没後、大伴金村らに擁立されて、越前から応...

《講座詳細へ》

立川教室

金石文から見た日本古代史 3/2

03/02 土曜 13:00-14:30

金属や岩石に刻まれた、いわゆる金石文(きんせきぶん)は古代の歴史を知る上で貴重な史料であり、いわば歴史の生き証人のような存在であります。今期...

《講座詳細へ》

京都教室

倭国王「帥升(すいしょう)」の時代

03/02 土曜 13:00-14:30

2世紀前半期の日本列島、弥生時代が終焉を迎えようとする時代。各地には多様な地域社会が存在し、それぞれ豊かな独自文化を育んでいたと考えることが...

《講座詳細へ》

芦屋教室

考古学で探る古代の大豪族

03/03 日曜 10:30-15:30

ヤマト王権を支え、時に対抗した畿内大豪族の葛城氏・蘇我氏・藤原氏、地方豪族の筑紫氏・吉備氏・尾張氏・毛野氏などを取り上げ、諸豪族に関わる遺跡...

《講座詳細へ》

新宿教室

古事記を旅する

03/05 火曜 15:30-17:00

福井県の敦賀市は若狭湾の東端に位置し、海の幸の寄り来るところである。そして南に行くと琵琶湖の北端を通って都へとつながっている。越前蟹(ズワイ...

《講座詳細へ》

千葉教室

金印

03/05 火曜 10:30-12:00

西暦1世紀の「日本」について考えていますと答えると、「そんな時代に国があったのですか?」と、しばしば反問されます。後漢の光武帝が「倭の奴国」...

《講座詳細へ》

中之島教室

東の鬼女と西の幽霊

03/06 水曜 10:30-12:00

奥州安達ケ原に古くから伝わる鬼女伝説は能楽にまで取り上げられ、一方、姫路の播州皿屋敷のお菊伝説は江戸の番町から全国各地にまで、広く語り継がれ...

《講座詳細へ》

中之島教室

国宝「源氏物語絵巻」の世界I

03/06 水曜 13:00-14:30

国宝に指定されている「源氏物語絵巻」は、およそ千年前に制作されたと考えられている絵巻物です。豪華な作りながら、制作者などははっきりと分からず...

《講座詳細へ》

中之島教室

宇治の美しき女君―三姉妹の辿った運命

03/08 金曜 13:00-14:30

『源氏物語』五十四巻のうち、最後の十巻は「宇治十帖」と呼ばれています。主人公・光源氏亡き後の、次の世代の物語であるとともに、舞台も京の都から...

《講座詳細へ》

千葉教室

平安時代の伝統行事

03/08 金曜 15:00-16:30

平安時代の人々は四季の伝統行事を通して、季節を感じ、友人や恋人たちとの交流を楽しんでいました。今回平安時代の節句を中心とした伝統行事の様子を...

《講座詳細へ》

川西教室

神社で読む日本史

03/09 土曜 13:00-14:30

八百万の神という言葉に象徴されるように、日本には無数の神が祀られているが、神そして神を祀る社(神社)は信仰の対象だっただけではない。日本の歴...

《講座詳細へ》

千葉教室

弥生時代の+(プラス)と-(マイナス)

03/09 土曜 13:00-14:30

縄文が造った日本の基礎の上に、どういう建物を築くかが、弥生の課題でした。一万年を超える縄文にくらべ、弥生は千三百年とかなり短期間に事を進めま...

《講座詳細へ》

湘南教室

古代の仏事と孝子説話

03/09 土曜 14:00-15:30

葬送などの施主が神仏への願いを述べた文書を願文と言いますが、古代においては一級品の文学と評価されていました(『枕草子』)。そんな中、中国孝子...

《講座詳細へ》

札幌教室

百人一首絵の成立の謎

03/09 土曜 15:30-17:30

鎌倉時代に編まれた『百人一首』は、後世にカルタとなり、注釈書も多く書かれて、江戸時代には広く庶民に愛好されます。その流行には歌人を描く絵が好...

《講座詳細へ》

立川教室

日本人のルーツを考える 3月

03/09 土曜 13:30-15:00

弥生時代には日本人の多くが水田でコメをつくる農民となり、東アジア世界に本格的に登場して、『魏志』倭人伝にみえる国や国々のまとまりができました...

《講座詳細へ》

福岡教室

はじめての古文書

03/09~03/10 土曜 10:00-12:00

戦国武将の手紙から江戸時代の村の文書、さらには明治の文豪から昭和の政治家まで。
候文で書かれた文字が読めるようになるとこれまでとは違っ...

《講座詳細へ》

湘南教室

出雲国風土記にみる「水海(みずうみ)」と人

03/11 月曜 10:30-12:30

天平5年(733)に撰進された『出雲国風土記』は、単に出雲国一国の地誌にとどまらず、古代社会とそこに生きる人々の姿を語ってくれる歴史資料です...

《講座詳細へ》

横浜教室

「出雲国風土記」にみる古代の道

03/11 月曜 15:30-17:00

天平5年(733)に完成した『出雲国風土記』は、古代における出雲一国の地理情報を詳しく伝えてくれます。この講座では、『出雲国風土記』記事を基...

《講座詳細へ》

新宿教室

宇治に夢見た貴公子たち―薫と匂宮

03/15 金曜 13:00-14:30

『源氏物語』五十四巻のうち、最後の十巻は「宇治十帖」と呼ばれています。主人公・光源氏亡き後の、次の世代の物語であるとともに、舞台も京の都から...

《講座詳細へ》

千葉教室

金石文から見た日本古代史 3/16

03/16 土曜 13:00-14:30

金属や岩石に刻まれた、いわゆる金石文(きんせきぶん)は古代の歴史を知る上で貴重な史料であり、いわば歴史の生き証人のような存在であります。今期...

《講座詳細へ》

京都教室

平安人の心で読む源氏物語の女性たち

03/16 土曜 13:00-14:30

『源氏物語』の主要な女君たちは、多くが毎日を自宅で過ごす姫君や奥方ですが、中には朧月夜や玉鬘のように、女官として内裏に仕えるキャリアウーマン...

《講座詳細へ》

芦屋教室

読めると面白い古文書

03/18 月曜 10:30-12:30

ミミズのはったような文字が自分に読めるはずがないと思うのは、先入観です。まずは、ためしに古文書をのぞいてみましょう。ワープロが当たり前の時代...

《講座詳細へ》

横浜教室

房総を知る-チバニアン探検-

03/22 金曜 9:00-16:00

チバニアンに登録なるか、大変注目されている市原市田淵地区を訪ねます。崖の地層が教えてくれる77万年前の世界を自分の目で確かめましょう。また、...

《講座詳細へ》

千葉教室

聖徳太子は、いなかった?

03/23 土曜 10:30-12:00

聖徳太子はいなかったという学説があります。一方、大阪府太子町には聖徳太子墓と伝えられる墳墓が存在します。叡福寺の境内にある聖徳太子墓に太子は...

《講座詳細へ》

川西教室

古代学への招待

03/23 土曜 10:30-12:00

明日香村越の丘陵上に占地する牽牛子塚古墳は、巨大な凝灰岩を左右二室にくり抜いた七世紀の合葬墓で、間人皇女(孝徳后)と合葬された斉明天皇の小市...

《講座詳細へ》

京都教室

2018年 新発見・新見解の考古学・日本古代史

03/25 月曜 10:30-12:00

現地・現物の実地検証を続ける講師が、2018年に話題となった発掘や研究の進展を多くの新資料を駆使して振り返ります。なぜ珍しい発見となったのか...

《講座詳細へ》

芦屋教室

歴史を支えた女性たち

03/26 火曜 10:30-15:00

モダンな街並みの麻布十番あたりは古くから交通の要所で江戸時代から続く老舗も点在。善福寺、賢崇寺など古い寺々や社、わずかに残る大名屋敷跡はいに...

《講座詳細へ》

新宿教室

飛鳥・藤原を掘る

03/27 水曜 10:30-13:45

七世紀は東アジアは激動の時代でした。そのなかで、大化改新、白村江の戦い、壬申の乱をへて、列島には新しい国家が成立しました。「日本」誕生です。...

《講座詳細へ》

新宿教室

『枕草子』から学ぶ家族の在り方

03/29 金曜 13:00-14:30

「近うて遠きもの」と清少納言は家族について端的に述べています。家族は身近な存在だからこそ、心が通わないと一層寂しさも増すものです。冷淡な言葉...

《講座詳細へ》

芦屋教室

金石文から見た日本古代史 3/30

03/30 土曜 13:00-14:30

金属や岩石に刻まれた、いわゆる金石文(きんせきぶん)は古代の歴史を知る上で貴重な史料であり、いわば歴史の生き証人のような存在であります。今期...

《講座詳細へ》

京都教室

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。

おすすめ特集