北海道・北東北の縄文遺跡群が世界文化遺産登録へ! 

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の諮問機関であるイコモスは2021年5月、国の特別史跡「三内丸山(さんないまるやま)遺跡」をはじめとした「北海道・北東北の縄文遺跡群」について、世界文化遺産一覧表への記載が適当であるとの勧告を行いました。

これにより、今年7月の世界遺産委員会において、「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録される見通しとなりました。

世界文化遺産登録を願って、縄文時代の歴史・文化を学べる講座をまとめてご紹介します。1万年以上定住したとされる縄文の人々の生活と文化に思いを巡らせましょう。

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。